企業における働き方改革の推進について話せます

  • 経営/管理部門
  • メディア
  • 経験内容

    マイクロソフトでOfficeビジネスの責任者(業務執行役員)を務め働き方改革を推進した後に「株式会社クロスリバー」を設立。企業の働き方改革、業務改善の支援をしている。

    一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

    「ワークスタイル変革を目指さないでください」
    企業が目指すべきはビジネスの成長、儲かること。社員は幸せになることが目的。働き方を変えるのもITを導入するのも手段。社員を幸せにしながら「儲かる働き方」の実現方法をアドバイスさせて頂きます。

    その時どのような立場や役割でしたか?

    日本マイクロソフトで働き方改革の責任者(役員)として事業生産性26%向上を実現。その知見を約200社の顧客に展開し、クラウドビジネスを拡大。
    2017年1月に独立し、8ヶ月で22社の働き方改革のコンサルティングを提供(2017年9月1日時点)

    得意な分野・領域はなんですか?

    働き方改革のコンサルティング
    意識改革の為の講演

    この分野は今後どうなると思いますか?

    どの組織も変化に合わせて対応していく必要があり、経営改革の一環である働き方改革は永遠に続いていく。

    誇りに思う成果はなんでしたか?

    2017年はクライアント企業19社全てで社員の働きがい向上。労働生産性を10%以上改善している。

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1996年から現在まで

    どちらでご経験されましたか?

    ・大手通信会社の人事部門にて労務管理、服務制度の策定および運用管理
    ・米国通信会社にて日本法人の立ち上げ
    ・ITベンチャーの起業
    ・マイクロソフトにて、マーケティング、品質責任者、戦略担当役員、事業部責任者を歴任。米国本社でも就業経験あり

    地域

    日本

    規模

    5名~22000名

    期間
    2002年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社クロスリバー 代表取締役
    • マイクロソフト 業務執行役員 Officeビジネス本部 本部長
    • 日本マイクロソフト 業務執行役員 プラットフォーム戦略本部 本部長
    • Microsoft Corporation Chief Quality Officer 最高品質責任者
    • マイクロソフト コミュニケーション製品部 部長 シニアマネージャー
    • WebEx Communications Japan 代表 Country Manager

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    株式会社クロスリバー / 代表取締役

    プロフィール詳細を見る


    概要

    NTT, WebExを経て、2005年マイクロソフト米国本社に入社、その後日本マイクロソフトでクラウド戦略担当 執行役員、米国本社データセンター設立計画メンバー、Officeビジネス(PowerPointやTeams, Office365など)の最高責任者(業務執行役員)。2017年に株式会社クロスリバーを設立、708社の働き方改革アドバイザーと新規ビジネス開発支援、ベンチャー企業の執行役員などを週休3日で行っている。著書は13冊累計30万部。講演・講座は年間200件以上。
    クロスリバーではAzure, AWS, GCPの各クラウド及びAIを活用し、働きがい診断などをクライアント企業へ提供している。
    http://cross-river.co.jp

    職歴

    • 株式会社クロスリバー /代表取締役

      2017/1 在職中

    • マイクロソフト /業務執行役員 Officeビジネス本部 本部長

      2015/7 2016/12

    • 日本マイクロソフト /業務執行役員 プラットフォーム戦略本部 本部長

      2014/4 2015/9

    • Microsoft Corporation /Chief Quality Officer 最高品質責任者

      2011/1 2014/3

    • マイクロソフト /コミュニケーション製品部 部長 シニアマネージャー

      2005/7 2010/12

    • WebEx Communications Japan /代表 Country Manager

      2002/4 2005/6

    他の経験