健康食品・化粧品・医療機器における薬機法(薬事法)・景品表示法・健康増進法など関連法規に基づいた広告・コンテンツ作成(セールスコピーライティング)についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 医療機器

私の元にはよくこんなお問い合わせが来ます。



『広告物を創ったのですが・・・書いてもらったライターさんが薬事法を知らない方だったのでアウトだと思うんです』
『逮捕されたくないので、薬機法(薬事法)を守った広告を作りたい』



特に健康食品・化粧品の広告作成の際は、法律を知っていないと余計な手間がかかります。しかしながら、世の中の多くのライターさんは薬機法などの関連法律をほとんど知りません。



セールスコピーライターの立場からお話しすると、ただOK/NGをお伝えするのは簡単なのですが、この表現が使えないのであれば順番(構成)を変えた方がよいという場合も少なくありません。



私には、



・薬剤師としての知識(薬・サプリメント・化粧品成分)
・化学者としての知識(化合物全般の知識)
・薬機法(薬事法)・景品表示法・健康増進法など関連法規のセミナー講師としての知識
・セールスコピーライターとしての知識
・コンテンツマーケティングの知識



がございますので、法律に則りながらも”売れる”広告を作成することが可能です。



お困りの際はお気軽にお問い合わせください。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2011年~



■ どちらでご経験されましたか?
2011年~ フリーランス



■ 関連する論文やブログ等があればURLを教えてください
<B&H Promoter's代表のブログ>
『薬機法 ライター』など複数のキーワードでGoogle検索1位
http://892copy.jp/



<Facebook>
https://www.facebook.com/tomohiro.era



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
ランディングページ:トップビューを変えただけで、1ヶ月後にコンバージョン率が10倍以上に
コンテンツマーケティング:自身のサイトがGoogle検索で複数1位を獲得



■ この分野は今後どうなると思いますか?
ヘルスケア市場・化粧品市場は法規制が年々厳しくなってきています。厳しくなると抜け道が出来ますが、それがまた法律に規制によってつぶされるいたちごっこは今後も続くでしょう。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

薬機法(薬事法)に強いセールスコピーライター


薬剤師・セールスコピーライター・薬機法(薬事法)セミナー講師としての視点から、”売れる”販促物を作成するのを得意としている。 大手製薬メーカーで創薬化学の研究職として、低分子化合物の開発からDDS(ドラックデリバリーシステム)の開発まで様々な案件を5年間担当。化合物開発はもちろん、特許作成まで幅広い内容に従事する。 その後は経理を経て、薬剤師として転職。同時期に薬事法セミナー講師業を開始する。 2015年からはセールスコピーライターとしても活動し、1ヶ月で購入率が10倍以上になった化粧品販売ページを始め、多くの案件に携わっている。

プロフィール詳細を見る