自動車製造ライン(車体、エンジン)における組立順序計画立案の課題と対応、システム構築についてお話できます

  • 自動車部品(金属部品)
  • 生産管理

経験内容

複数の車体組立ラインに複数のエンジン組立ラインからエンジンを供給する最適解を求める。
厳しい制約条件を満たしつつ、最適な順序計画を立てる考え方。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1980~2002年

どちらでご経験されましたか?

本田技研工業株式会社の鈴鹿製作所

その時どのような立場や役割でしたか?

生産管理システムの企画・開発・導入担当リーダー
経営層への提案、部門予算範囲内での決裁権(x億円)をもって担当。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

エンジン組立順序計画立案システムは、特許を取得。
新規立案のリードタイムを3日→0.5日に短縮。
計画変更も効率化。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

課 題:複数の組立ラインに複数のエンジン組立ラインからエンジンを供給する最適解を求める。
解決策:人手では時間がかかってやれない計算をコンピューターにやらせることで時間短縮。

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

特許検索
http://www.patentjp.com/07/F/F100008/DA10026.html

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社シーエーエム / 代表取締役社長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

自動車産業(完成車、部品製造)におけるコンピューターシステムの企画・開発・導入プロジェクトリーダーを経験。
海外製造拠点(英国・米国・中国)での実績あり。

現在は、サービス付き高齢者向け住宅の運営をやっています。

職歴

  • 株式会社シーエーエム /代表取締役社長

    2014/12 在職中

  • 株式会社アーレスティ /管理主幹

    2012/4 2014/10

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社 /次長級

    2007/4 2011/9

  • ユタカ技研工業株式会社 /アドバイザー

    2005/4 2007/3

  • 本田技研工業株式会社 /LPL(Large Project Leader)

    1980/5 2002/9