研究機器開発(顕微鏡関連機器)における現場からのニーズと予算価格帯についてお話できます

  • 製造業
  • 機械/エレクトロニクス
  • 医療機器
  • 経験内容

    顕微鏡関連機器は自作経験有り。

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1997年〜2016年現在

    どちらでご経験されましたか?

    大学研究室、国内研究所、海外国立研究所

    その時どのような立場や役割でしたか?

    計測用のサンプルの提供、画像取得、ソフトウエア開発の企画立案・共同開発。
    現在は決裁権あり。

    一番誇りに思う成果はなんでしたか?

    売れなかった機器開発会社が業界トップに業績を伸ばしていた。必要だと力説した機器が販売された。

    謝礼金額の根拠はなんですか?

    外部セミナーの場合1時間5万円+交通費を支給されてきています。

    どんな人にアドバイスを提供したいですか?

    中小企業で、ピンポイントニーズに応じようとしている機器開発者。

    この分野は今後どうなると思いますか?

    高価格帯の機器は売れなくなります。低価格帯の機器を安価にカスタマイズする事が求められています。

    一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

    顕微鏡の観察対象が動くこと。
    拡大倍率を上げつつ、焦点深度も深くという逆説的なニーズがあったこと。

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    景翠会・金沢病院・福浦健診クリニック / 所長

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    医学部卒、基礎医学研究に従事している。
    複数の研究機関での教育・研究経験有り。
    現在は地域医療を中心に活動する医療法人社団にて、巡回健診事業にも従事している。

    職歴

    • 景翠会・金沢病院・福浦健診クリニック /所長

      2018/8 在職中

    • Yokohama City University /assistant professor

      2011/8 2018/7

    • Kanazawa University /assistant professor/lecturer

      2007/2 2011/7

    • Tohoku University /assistant professor

      2005/10 2007/1

    • National Cancer institute / NIH /Visiting fellow

      2002/4 2005/9

    • Yokohama City University /postdoctoral fellow

      2000/12 2002/3