医療機器のマーケティング・輸出・輸入

  • 医療/ヘルスケア
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    心臓血管外科分野における、マーケティング、海外の最新医療機器の輸入、国内製造の医療機器の治験から薬事承認、海外企業との契約締結、輸出、国内外の販売部門の立ち上げ、PMS(市販後調査)までのストリームラインを経験しています。最近では国内マーケティング戦略としてWebを使用したオンラインセミナー、説明会、学会の運営を行っています。

    実績や成果

    M&A後の海外埋め込みデバイスを国内導入。(年商80億円)
    国産心臓血管外科用デバイスを国内導入。(年商40億)
    国産心臓血管外科埋め込みデバイスの輸出。(年商数千万円)
    欧州での現地代理店選定と契約。(ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、オーストリア、スイス、ベルギー、オランダ)
    Webを使用した学会、セミナー、勉強会の運営。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    その国に合った医療機器業界独特の商慣習を把握することが重要だと思います。また、海外での薬事承認、輸出では多くの失敗経験がありますので、何がうまくいかなかったかをお伝えできると思います。(欧州、中国での事例など)

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    医療業界では学会や主要大学KOLの把握、販売網の構築、薬事申請と治験・PMSの実施、論文発表などの様々な知見が必要になります。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    心臓血管外科というニッチな医療業界での国内外での販売戦略、マーケティングなどを具体的に現場の状況をお伝えできると思います。

    地域

    日本、中国、台湾、欧州(ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、オーストリア、スイス、ベルギー、オランダ)

    役割

    新規デバイスの導入 立ち上げ マーケティング

    規模

    営業50名 マネジメント4名 売上規模年間80億円

    期間
    2002年 〜 現在

    概要

    医療機器業界で約20年働いています。循環器内科と放射線科、消化器外科、脳神経外科のカテーテル製品(ステント、バルーン、コイル、ガイドワイヤー)の営業を6年経験した後、心臓血管外科のインプラントデバイスを中心にマーケティングを14年経験しております。具体的には、人工血管、人工弁、ステントグラフト(TEVAR、EVAR)、医療用接着材(止血材・止血剤)、体外循環ポンプ、エクモ、PCPS、再生シート、人工心臓などの製品に関わってきました。海外企業からの輸入、国内製品の輸出にも関わってまいりました。製品内容だけでなく、この特殊な業界事情や失敗談などもお話しできると思いますので、宜しくお願い致します。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)