N1分析を活用した事業戦略の検討

アドバイザー

氏名:開示前


■ 具体的な経験の内容
- 事業で改善すべきマーケティングのフェーズがどこなのか?を「9セグマップ」というフレームワークを活用して分析
- ユーザーにとって便益がある独自性の強いアイディア( 成長するプロダクトの特徴)が何か?を仮説立てる
- アンケート調査を実施するためにアンケートを設計
- アンケート調査開始
- 価値リスクの検証 ( アンケート回答内容を分析・50名程度に対面 or 電話で直接ヒアリングし、誰のどんな課題を解決する機能にすべきか?どんな見せ方(営業やマーケティング)をすべきか?を特定する)
- UIリスクの検証 ( Figma (デザインツール)でプロトタイプを作成し、見せながら同じ人にもう一度ヒアリング)
- 事業実現性リスクの検証 (KPIやユニットエコノミクス(LTV vs CAC)をシミュレーションして)
- 3つのリスク (価値・UI・事業実現性)をクリアした状態で施策を立案

■ 実績や成果
- 承認者が納得しやすい施策立案だった
- 実際に数値改善につながった

- 別件だが新規事業立ち上げにつながった (実施中)

■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
- 非常にキレイな進め方だったが、丁寧すぎるくらいだったのでスピード感に欠けた
- 特にヒアリングが重たく、メンバーが疲弊した

- 短期間に集中してヒアリングのアポを取るようにした
- 「この人たちのためにプロダクトを作っていくのか!」をメンバーが納得してモチベーション上がるようにした

■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無
- Google Analyticsなどに蓄積される「結果」を示す情報だけではなく「未認知・認知済み未購買」レイヤーに属する市場にどのようにアプローチしていくか?の戦略立て
- ユーザーヒアリングにあたる細かい知見

なんかはあると思います。

■ 関連する論文やブログ等があればURL
https://www.amazon.co.jp/dp/4798160075/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_Ko1MEb9V2SZ7Y
「たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング / 西口 一希」

https://www.amazon.co.jp/dp/4820727508/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_Tw1MEbC9N34JV
「INSPIRED 熱狂させる製品を生み出すプロダクトマネジメント / マーティ・ケーガン」

が非常に参考になります。おすすめです。

■ お役にたてそうと思うご相談分野
事業分析の壁打ち、分析実施のお手伝い

■その他
地域: 東京都渋谷区
役割: ゼネラルマネージャー
規模: 6名

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

▶︎ 経歴
- アフィリエイト事業会社にてメディア編集長として分析・施策立案、ディレクション、コンテンツ制作(3年)

- 分析ツールの事業会社にて法人営業(半年)
- Webマーケティングとインサイドセールス立ち上げ(1年)
- データエンジニア(1年半)
- BIアナリストとして分析調査・施策立案(半年)

- 現在籍企業にて新規事業の責任者


職歴

OneBox 株式会社

  • General Manager (統括部長) 2020/2 - 現在

フラー株式会社

  • 事業戦略室 副リーダー 2019/7 - 2020/1

OneBox 株式会社

  • メディア編集長 2016/5 - 2017/1

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック