協業による合弁会社の設立・運営・解散までの経験をお話し出来ます。

アドバイザー

氏名:開示前


■ 具体的な経験の内容
 有機EL照明の開発・製造・販売を事業化する為、協業先の一部上場会社と合弁会社を設立して実施した。
 担当期間中に合弁の販社を解散し協業を終了。 その後、別の協業先と共同開発・販売を行う事業会社の
 設立を行う為の検討を担当し、実施した。 さらに自社の事業撤退が決まり協業の終了に関する交渉、
 合弁会社を含む自社事業の売却を実施した。

■ 実績や成果
 2社との合弁会社運営、解散に際し、自社が不利とならない条件での合意を実現した。
 
■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
 相手企業の企業文化(特に属している産業や過去の経験)の理解に務める事で両者で合意可能な
 条件を立案、調整を行う。

■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無
 有機EL照明に関する事業環境全般に関しての知識あり。

■ お役にたてそうと思うご相談分野
 ・これから協業を検討している方(合弁会社の設立、共同開発等)
 ・合弁会社を運営しており、課題がある方
 ・協業の解消を検討されている方

■その他
地域: 日本
役割: 事業管理責任者として参画
規模: 合弁会社として10名程度の販社および50名程度の事業会社の2社を担当

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

1981年、パイオニア株式会社に組込ソフト開発エンジニアとして入社、多数の製品開発に従事する。 その後、2001年より事業企画部門に移動、主にIT用・民生用の光ディスク装置を担当
2013年より新規事業開発を担当、オープンイノベーション推進のため、幅広くベンチャー支援組織とのコミュニケーションを行う。 社内新規事業の推進を担当し、大企業間のM&A、合弁事業運営を行っている。
また、東京都が主催するベンチャー支援施設「青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)」設立時より大企業メンターとして参画し、ベンチャー企業の支援を行っている。 得意分野は「デザイン思考による事業開発」および「事業戦略の立案」
2019年6月に退職し、現在はフリーの経営コンサルタントとして活動中
2021年4月より東京農工大学にて客員教授として「マーケティング」講義を担当している。


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック