研修・セミナー業界における業界構造・研修講師の特徴、研修業界の営業方法について

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 人材育成/研修/コーチング

研修・セミナー業界で10年以上のキャリアがあります。
前職においても、企画提案営業、セミナー企画プロデューサー、研修講師、コンサルタント、などの職務を担当してきました。



拙著「研修・セミナー講師が企業・研修会社から”選ばれる力”」の執筆にあたり、業界の全体を調べ、大手から中堅~零細までの企業特色から、事業課題、商品戦略についてお伝え出来ます。
さらに、本書では、講師の選択基準について詳細を綴っております。講師の育成、採用、評価などの際にお役に立てるノウハウがあります。



また、セミナープロデューサーとして、100本以上の法人向けセミナーを企画運営してきた経験から、セミナー実施のコツ・ポイントを明確にお伝え出来ます。



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
研修業界へ進出されたい方へ、どんな講師を揃え、どんな研修コンテンツを用意し、どう営業マーケティングしていくか



■ 謝礼金額の根拠はなんですか?
弊社で行っている「研修講師向けコンサルティング」の価格から、時間単価を逆算した結果



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2004年~現在



■ どちらでご経験されましたか?
(株)マーケティング研究協会、中小企業診断士として、現職で、執筆の際の調査で



■ その時どのような立場や役割でしたか?
企画営業、セミナープロデューサー、講師として



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
某大学MBA卒業生に向けて、毎年「独立して研修・コンサルティング会社とお付き合いする方法」を語っている点と、自署「研修・セミナー講師が企業・研修会社から”選ばれる力”」を出版している点



■ 関連する論文やブログ等があればURLを教えてください
拙著HP;http://www.amazon.co.jp/dp/4495531816



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
セミナー、研修、講演、コンサルティングと、クライアントの課題や相性などによって、講師・コンサルタントの選択が非常に難しかったこと。
また、その依頼している講師の成果が、そのまま自身の仕事の成果ともなるため、必死であったこと

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


研修/セミナープロデューサー 中小企業診断士 1973年生。横浜市立大学卒業。 (旧)建設省所管の建設市場調査機関に新卒で入社。 2000年に中小企業診断士資格取得。副業にて、執筆、講演、ネットショップ開設コンサルティングなどを行う。経営企画、出版編集・広告営業を経て、2003年に転職。 大企業向けの公開セミナー、企業研修、コンサルを行うコンサルティング・ファームに入社。研修やコンサルティングの法人営業を主に行うとともに、法人向けセミナーの企画運営(プロデュース)を行う。 企業研修は、営業・マーケティング・ヒューマンスキルといったベーシックな研修から、新商品開発や組織開発などのプロジェクト型の研修会まで、様々なテーマ、スタイルで、多くの講師と実施する。 法人向け公開セミナーは、企画(テーマ)作りから集客・運営まで一貫して担当する。100人以上を集めた大ヒットセミナーから、大赤字のセミナーまで成功と失敗を経験する。 また、営業や企画職だけでなく、自身でも診断士の資格を活かし「経営」「マーケティング」「営業」「コミュニケーション」などのテーマで、講師登壇もする。 10年間で1000人以上の講師・コンサルタントと出会ってきた経験、企業の悩みが分かるプロデューサー(企画)のスキルを元に、2014年4月、独立。 5月、Brew株式会社設立。 企業研修、セミナープロデュース、講師育成、マーケティングコンサルティングなどを主に手掛ける。 特徴は 1)350名の各分野の専門家による、研修やコンサルティングサービス 2)弊社プロデューサーによる、本当に目指したいゴールの再確認・再設定や、提供手段としての人材育成サービスの取捨選択 3)研修の前後を含めた、インストラクショナルデザイン

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る