アメリカ人 & イギリス人 仕込の本物クラフトビールの製造、管理、選定、など協力できます。

  • 酒類製造/輸入(ビール、日本酒、ワイン)
  • 生産管理

経験内容

合資会ベアードブルーイング

具体的な経験の内容

 こちらではアメリカ人オーナーの下で定番ビール12種類+季節限定ビール数十種類+委託醸造ビール等の特別醸造を含め年間50種類以上の生産管理をメインに経験しました。
 こちらの製品は国内のクラフトビールメーカーでは極めて希少な製法である、全てのビールが乾燥生ホップ100%と二次発酵製法(シャンパン等と同じ製法)でビールを製造していました。
 その他には自社農園でのホップ、野菜、果樹を無農薬栽培で管理。直営ビールバー(タップルーム)での正しい製品管理、接客業務も経験しております。

実績や成果

 生産管理では醸造から発酵、熟成の管理、製品充填、出荷許可までといったビールを仕込んでから工場を離れるまでの全工程を経験した実績があります。
その成果としてさまざまなスタイルのビールを学び経験し、社内外、時には海外のビールを数多く試飲していく中で、本当に美味しいビールとそうでないビールの違いがわかります。
 無農薬栽培で農作物を生産する事に携わったので、どうやって収穫量を伸ばしていけるか学び経験した実績があります。
 接客業務の場合でも製品管理の経験をしているからこそ話せる事や、お客様にクラフトビールを楽しみながら知識も学べるような事も伝えていたので、他の取扱店では経験できないワンランク上の美味しさをご提供できたと思っています。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 ビールは私達人間が作り出す飲み物ではありません。酵母がビールを作り出してくれます。酵母も毎回違った顔を見せます。醸造の工程でスムーズにいかない場合や工場の機会トラブル等もあります。その際現場での対応も経験してきました。
 その他にも、直営店での製品管理や接客での問題等も経験し、直営店担当のスタッフ達と協力して乗り越えた。
 無農薬でのホップを含む農作物栽培は安定化させるのは簡単では無かったが、毎シーズン農園管理スタッフと色々な案を模索し試行錯誤することで翌年の収穫量を伸ばす結果に繋がった。
Anglo Japanese Brewing (以下AJB)

具体的な経験の内容

 こちらではイギリス人オーナーの下で国内はAJBのみ所有しているフーダー樽(5千リットル入るオークの木樽)での伝統的な「木樽発酵製法」、ワインやバーボンの空樽にビールを入れ長期熟成させる「木樽熟成ビール」や、野生酵母等を使い発酵させる「天然醸造ビール」の生産管理を経験。この生産方法は国内ではまだまだ浸透していないが、AJBでは創業当時から力を入れている製法。
 750mlのシャンパンボトルにコルク栓をする充填方法を経験。
 定番ビール等は設けず、毎回違ったビールの生産管理を経験。
 2018年11月に自社主催のビールイベントの企画から運営を経験。
新規取引先獲得の営業業務。
自社直営店(ビールバー)での製品管理及びに接客業務。
自社配送業務。
ビールイベント等への出店業務。

実績や成果

 前職では経験できなかった木樽発酵、熟成や天然醸造等の製品管理を経験できた為、醸造家としての幅が広がった。
 毎回違うビールを製造することで、クラフトビールの多様性を発信し、お客様からも好評であった。
 営業業務でも、生産管理をしているから伝えられる嘘の無い営業が好印象のようで、数多くの新規取引を獲得。
 自社主催イベントも初開催ながら開催期間1日のみの内容で、100種類以上のビールを国内外から日本未入荷ビール等も含め集める事ができ、300人以上の来客で大成功に終えることができた。
 運送賃金の値上げに伴い始めた都内の取扱店むけの自社配送サービスも、取扱店の声が直接聞けるので有意義なサービスだと感じた。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 生産管理等が前職場での経験と異なっていたりすることがあったが、ビールに対する考え方が違えば設備も製造方法も異なってくると理解し、逆にそれを面白味と感じて自分の技として蓄える事ができた。
 

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 今求められているクラフトビールのトレンド、人気ビール会社はどこ等。理解しています。
 日本におけるクラフトビールの現状等も現場にいた経験から感じている事をお伝えできます。

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

・クラフトビールメーカーへ新規参入を検討している方。
・オリジナルビール開発を考えている方。
・すでにクラフトビールを製造しているが木樽等を使った製品管理を知りたい方。
・飲食店経営でのビールラインナップや機材や施工業者等を一緒に考えていきたい方。
・飲食店での正しいビールの管理提供方

地域

静岡県伊豆市(ベアードブルーイング) 長野県野沢温泉村(AJB))

役割

製造業務経験 製品管理経験 出荷、営業経験 飲食店やイベントでのマネジメント経験、販売及び接客経験

規模

・ベアードブルーイング:社員約30名 クライアント規模 全国区(クラフトビール業界では老舗である。※東京駅で売られているレベル) ・Anglo Japanese Brewing : 社員5名(オーナーも含める)、クライアント規模 全国のクラフトビール専門(首都圏に多く集中。どこでも飲めるわけではない。)

期間
2015年 〜 2019年頃
関連する職歴
  • Anglo Japanese Brewing 合同会社 Assistant Brewer
  • 合資会社 ベアードブルーイング Assistant Brewer