日本企業の海外向けのメディア広告の専門家。デジタルメディアもアナログメディアも。世界のメディアに精通。

  • 専門職
  • メディア
  • 経験内容

    具体的は経験

    日本企業が、海外向けに広告する際に、現地の事情を把握し、広告戦略を立案し、最適なメディア(オンラインとオフライン)を選択し、実行し、効果検証する仕事。 

    実績や成果

    トヨタ、東芝、日立、キヤノン、NTT、ブリヂストンその他無数の日本の企業の海外向けメディア広告を実行。年間取扱高30億円から40億円。クライアントの知名度や理解度向上に貢献。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    常にクライアントの広告目標をKPIにすえてコミュニケーションを最適とおもわれるプランニングを行った。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    日本から海外向けに広告する際の各国のメディア事情、とくに最新のアドテクノロジーやメディアやプラットフォーマ―などの事情に詳しい。
    また、日本のBtoB業種を多数クライアントとしてきたので、BtoB業界には詳しい。

    関連する論文やブログ等があればURL

    一般社団法人日本BtoB広告協会の講師。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    日本から海外に広告するときにどうすればよいのか? どんなメディア、どんなアドテクノロジー(GoogleやFacebookやDSPなどなど)をつかえばよいのか? 何に気を付けるべきか? といったことがら。  
    要するに「日本企業が海外向けに広告コミュニケーションを行うときの全般のガイダンスができる」

    地域

    東京本社・イギリス現法

    役割

    メディア部門の部長 現場実務も長く経験

    規模

    社員数は日本国内7,000名  海外にはグループ企業社員3万人以上

    期間
    1996年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社電通 シニアディレクター 部長

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    株式会社電通 / シニアディレクター 部長

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    株式会社電通で、営業局⇒ 国際局⇒ イギリス赴任⇒ グローバル局 に勤務。
    20年以上グローバル業務(おもに日本企業の海外向けメディア広告の仕事)を担当してきました。すなわち、日本の大手中堅の輸出型企業多数の海外向けコミュニケーションをお手伝いしてきました。
    とくに、BtoB企業に強いです。
    世界中のメディアやデジタルプラットフォーマ―やアドテクノロジーに精通しています。
    海外向けに広告コミュニケーションを行おうとする企業の方に、わかりやすく懇切丁寧に、仕事の進め方を解説できます。
    一般社団法人日本BtoB広告協会の講師。

    職歴

    • 株式会社電通 /シニアディレクター 部長

      2002/2 在職中