海外進出におけるノウハウについて実例を踏まえてお伝えします!

  • 美容・エステ
  • 経営者

経験内容

【経験内容】
・海外マーケティング(現地の人にファンになってもらうための店舗づくり、SNS活用)
・海外現地スタッフのマネジメント(採用方法、教育、評価制度作成、離職トラブル、就業規則作成)
・バックオフィス関連(ビザ、会計、総務)
【実績、成果】
・海外店舗を6店舗に拡大
・1店舗あたりの収益拡大
【業界構造】
店舗ビジネスで海外進出することにおいて重要なことは日本人を顧客とするか、現地の方を顧客とするかです。
タイは日本人が5万人以上住んでいるため日本人をターゲットにしてもビジネスは成り立ちます。
しかし、タイ人をターゲットにした場合はバンコクだけで800万人。全くビジネスの規模が変わります。
さらに、店舗運営コストもタイ人顧客の場合、タイ人スタッフで対応できる幅が増えるため、人件費も変わります。
海外進出においては徹底した現地化が鍵になると思っています。
【相談分野】
タイに限らず、海外進出を考えている方、店舗ビジネスをされている方には経営全般におけるご相談にのらせてもらえるかと思います。
海外進出のノウハウはもちろん成功体験、失敗体験等も自分自身の事例をもとにお伝えできるかと思います。

地域

タイの現地法人

役割

タイ法人のMDとして営業、店舗開発、サロン運営、採用、会計など担当

期間
2015年 〜 現在

自己紹介

コンサルティング会社にて中小企業のバックオフィス支援(人事、労務、会計等)のコンサルタントとして6年働いたあと、国内外で300店舗以上の店舗を展開しているサロン運営会社に転職。その後タイ法人の代表として、タイで働いています。

タイでは、現地スタッフを30名マネジメントしており、物件開発、店舗運営、マーケティングはもちろんビザや会計、ライセンス関連などもしておりますので、海外事業展開においての知識、実務は一通り経験しました。

実例を踏まえた生々しい成功、失敗の体験談はもちろんコンサルタント時代にMBA、中小企業診断士を取得しているため、理論的な観点でもサポートできるかと思います。

職歴

開示前(決済前には開示されます)