法人営業、海外駐在、経営企画、事業管理、事業開発

  • OA機器(プリンタ・複写機)
  • 事業開発

経験内容

具体的な経験の内容 人事以外の仕事は全て経験

実績や成果 電子文書法制定(2004年)の際の経産省へのアドバイザーとしてガイドライン作成

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか 課題の本質を徹底究明した

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無 OA機器、環境関連には知見あり

関連する論文やブログ等があればURL インターネットにいくつかありますが、実名と当時の勤務先が明記されているので、個別対応としたい。

お役にたてそうと思うご相談分野 新規事業開発、マーケティング、ブランディング、グローバル事業

地域

東京、米国、英国、シンガポール

役割

新規事業開発部門長

規模

プロジェクト総員200名

期間
1979年 〜 2009年頃

自己紹介

私は外資系大手複写機メーカーで30年間営業、海外駐在、事業部事業管理責任者、新規事業開発責任者を経験し、情報セキュリティー、記録管理、法対応等の講演も何度か行ってきました。執筆もあります。母の介護で退職後はフリーランスで中小企業の事業再建、翻訳、通訳を手掛けてきました。
如何なるビジネスにも共通する事が、課題形成だと思っています。日頃起きる問題、テーマの本質をきっちり捉える訓練を在職中、フリーランスになってからも続けています。
現代は急速なネット社会の影響で、本質的な物が見えにくくなり、手段を論じる事が多いと感じています。課題解決できる手段を択ばないと効果は出ないので、私の数多くの失敗談がきっとお役にたてると思っています。自身の夢ですが、シニアがもっと社会貢献できる機会ができればと念じています。
宜しくお願い致します。

職歴

開示前(決済前には開示されます)