自動車における生産技術の経験について話せます

  • 製造業
  • 生産/調達
  • 経験内容

    ・古い設備のデータの一元的収集方法
    ・画像処理技術の適応可能な工程範囲やニーズ
    ・自動車メーカー本体の生産技術の考え方
    ・生産ラインのシステム構成
    ・インダストリー4.0やスマート化など、導入に向けたアドバイス可能

    地域

    広島市、タイ、横浜市

    役割

    工場のIoT化の経験や電気系生産技術者としての知見

    規模

    社員数40000人~250000人

    期間
    2012年 〜 2018年頃
    関連する職歴
    • マツダ株式会社 主任

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    ポリプラスチックス株式会社 / IoT・スマート化技術責任者

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

     日立電線株式会社で、要素技術を中心とした生産技術開発を担当して、
    様々な画像処理アルゴリズムの開発から、生産ラインへのインライン適応を業務として、キャリアを積みました。また、同時に生産設備の電気設計から据付・試運転なども対応してきました。
     その後、このキャリアを活かして、マツダでは国内のオートマチックトランスミッションの生産ラインの立ち上げ、海外でも同様の向上の立ち上げを担当して、
    メーカーへの技術的指導等担いました。特筆すべきは、海外の向上では、生産ラインのIoT化を主導して、各種多様な設備データの取得方法の取りまとめから、ネットワークインフラの整備、データベースの構築からBIツールの導入、KPIのダッシュボード化を推進するプロジェクトリーダーを経験しております。
     その後、パナソニック、日産自動車とキャリアを積み重ねて、
    現在は、ポリプラスチックスという化学メーカーで工場のIoT化を果たすべく、責任者をしております。
     私の役割は、生産技術のバックグラウンドを持ちながら、IT系にも明るい方なので、工場とITベンダーをつなげる役割が出来ますし、現在も仕事では同様の業務となります。
     ITベンダーがどのようにIoTを売り込みたいか、アドバイスはできますし、
    逆にIoT化を進めたいけど、技術者が自社にいないという方にもアドバイスは可能と考えています。
     宜しくお願い致します。

    職歴

    • ポリプラスチックス株式会社 /IoT・スマート化技術責任者

      2018/10 在職中

    • 日産自動車株式会社 /AI・画像処理開発リーダー

      2018/2 2018/9

    • パナソニック株式会社 /主任技師

      2017/3 2018/1

    • マツダ株式会社 /主任

      2012/6 2017/2

    • 日立電線株式会社 /画像処理・電気設計主任

      2007/4 2012/6