コワーキングスペースを活用した地方創生の経験をお話できます。

  • イベント企画
  • 研究開発

経験内容

国の地方創生予算で作られたコワーキングスペースやテレワークオフィスを活用して、都市と地域が直接つながる新しい出会いから、地域活性化を試みる実験的活動を行いました。
 
具体的には、全国小中学生プログラミング大会(http://jjpc.jp/)への参加を目標に、企業の若手研究者が先生となってプログラミング教室を開催しました。先生が地方に出向くオンサイト教室と、テレワークを使ったオンライン教室を併用しました。
 
都市部に比べてこのようなイベントが少ない地方では、一民間企業が主催するイベントに違和感を覚える方がいらっしゃるので、地方自治体と教育委員会の協力を得て開催しました。
 
最終日には、三拠点テレビ会議で成果発表会を行いました。子どもたちが初めてのテレビ会議で発表できるかという心配は杞憂におわり、活発に議論できました。
 
コワーキングスペースやテレワークを活用したい地域の方々、地方にオンラインで繋がりを持ちたい都市の方々のどちらにもお話できます。また、都市を飛び越して地域間でつながることのも面白いと思います。
 
開催の様子は各コワーキングスペースのfacebookにあります。
 
https://ja-jp.facebook.com/flatkiso/posts/503334133459912?__xts__[0]=68.ARDD5Q3AEbtXDs8DRV3zYfFCK7zlL9499sPTGyeFPJur7AHKXWh27zv4IhiCxx2smCH7VjvZNhNB_KaahpExpF6nREqRIKGj8-7olVsyvwwy2JU93EDFotu-zSaOQ3gIruOxE9EH6m-Wip9diwPtFoKazQRsx9sim_HW2cPx5fc1kivcA7flbp6UzKjLJqL6BGF-Qh0EO5jOuKr5VJlgdN3l_ul0I9jC6McQrgjIVA3gzt9RzjRPWtotaie8-fKWCoXFregv1hLMbyQqgZ1DBcnbgVmYkkXmJ_dvHbLci9TT3AT1--iJ6z2nvh9K8_KMKN3vZRcThRUBMc14kgDs0Ow&__tn__=-R
 
https://www.facebook.com/matsuzaki.chiikiokoshi/posts/2095704680689471?__xts__[0]=68.ARAhoSru7PNUMo531z27hULn23K29Llkr7D-M5IeG3Z8FymBdPr_PGhJFFi2tW0oYcNQOldnRbl4Xj8Pe7ZOKlkWuTlGNVuEbjCuctENg-7ATDuuSGPvcKmY4plC27sWil5ed4GXLoNWSGAu_CMZvKTcmaXDn7cZAkfy2fShpvpRErDW5we2ZDVbvSNZcxcY6ThDw2s2Z4dnR_wOxiEZz8RT4gnybfNR07xj0bZk5rRBkopFjk6qsXfsrVEEyw4ZwQmG61--rsnzeP3U5sxELo691GkSeiMKbrBFx2ibsUDQu3LYQ9nCmcC16URdkz47Iqs1YVQL&__tn__=-R
 
https://www.facebook.com/matsuzaki.chiikiokoshi/posts/2111486132444659?__xts__[0]=68.ARBj7Q9ocW3_dXLbTX3GCIXaWhpberEBSOa_5Js_KEk_eB81X5NyhsTtH4FWOUdiZcmubCK5UbkwefNz7otIcuKEhJLVM8D31dN4C-SRhBnDEEsBV_9iRSiIQlphuqj9j8oq32DaNMRJ0XIe8xN70dyReLECKg0G6lyhbihBWspQ_nFnhM4VTcGtTq60k8CXFbggBQEdhzrtQlcmmFw7rbv7I5mJ0L0XUD92-TvdtRfNdmnqqsvbGBnfqIt73dnmQr0SesqG9boR1IIHHszkEws-oXtnu4yPO8j4x5NA07l7xTiGQL6Y5zdTSgtU9mavncYGcX_U&__tn__=-R

役割

企画から実施まで全てを担当しました。

規模

10数人規模で複数日にわたるイベントです。

期間
2013年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 富士ゼロックス株式会社 マネージャ

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

富士ゼロックス株式会社 / マネージャ

プロフィール詳細を見る


自己紹介

富士ゼロックス株式会社の研究開発部門で約30年間、現場研究者からマネージメントまで、研究業務を一通り経験しました。最初の20年間は、デバイス研究(アモルファスシリコン、ポリシリコン、光通信、バイオ、カーボンナノチューブ)に取り組んできました。特に、光通信デバイスでは、スピンアウトベンチャーに出向して、会社の立ち上げから清算まで関わりました。残りの10年間は、コミュニケーション研究部門へ異動し、行政と住民のコミュニケーション改革で地域を活性化する実践的研究に就きました。現役を退いてからは、社外コンテストや地域フィールドワークで自立・自律した研究者を育てる人材育成と、これからの複属・複職社会を見越した新しい働き方探索を行っています。ハードからソフト、自然科学・工学から社会科学まで学んで活動してきましたが、人に自慢できるほどの尖った専門性はありません。しかし、様々な経験を活かして、混沌とした状況下でも、チームでアイデアを出して進んでいくお手伝いができると思います。

職歴

  • 富士ゼロックス株式会社 /マネージャ

    2002/1 2016/7

  • 富士ゼロックス ライトウェーブテクノロジーズ株式会社 /開発担当兼マネージャ

    2000/11 2002/1

  • 富士ゼロックス株式会社 /研究員

    1984/4 2000/11