食品業界における研究開発、環境、品証、CSV、新事業開発、工場経営、生産技術、農事業について幅広くお話しできます

  • 清涼飲料
  • 事業開発

経験内容

1)研究開発:特許120件(共同)、学術論文40編(共同)、著書多数他
   発酵食品、微生物制御、酵素利用、植物+微生物共生、きのこ、機能性(リコピン、カロチノイド
   等)、野菜の価値開発、飲料商品開発
    ⇒食品業界でも最上位にランクされる特許(発明)件数、新商品の研究から工場導入まで担当等
 2)品質管理・品質保証:安心安全ブランド評価日本のベスト4以内
 3)環境・CSV:EMSをゼロから構築、環境報告書初発刊、サステナビリティレポート受賞、
    グローバルQA・サステナビリティ活動
 4)生産技術:無菌充填ライン等の多くの新ライン・設備導入マネジメント、技術教育制度構築
 5)工場経営:企業での最大、2位の規模の工場長で経営、3R農林水産大臣賞、飲料業界初のHACCP
    取得、OHSMS中災防特別賞、原価低減2億円/年、技能教育
 6)業界のリーダー:全国●●工業会技術委員長、日本●●工業会技術委員長、GFSI日本コア
    メンバー、品質保証・環境分野での業界取組みリーダー
 7)新事業開発:日本最大の野菜のテーマパークを初期構想から6年かけ事業化)、農業生産法人設立し
    最先端の施設栽培と露地栽培事業の立上げ等
 8)地方創生:2社の地域経済牽引事業計画承認、先進性の承認等による地方創生の事業化や行政連携、
    官民の共創のノウハウ保有
 9)助成金の獲得:新規事業や地方創生を通して5件の助成金取得ノウハウ保有
10)大学教育:客員教授、非常勤講師、講演等を通じて多数の学生教育、2017年後期●●大学工学部
   「名講義10」(約200の講義中で№2)に選出

役割

研究開発マネジメント、品質管理・保証マネジメント、環境・CSR・CSVマネジメント、工場経営、新事業開発、大学教育

期間
1984年 〜 2019年頃