予防医学に基づいた、健康寿命延伸、未病予防、数値改善などについてお話しできます。

アドバイザー

氏名:開示前


【経験と実績】
①病院において:糖尿病で教育入院して来られる方の、院内独自の冊子を用いた病気の理解、生活習慣の見直し、実践(食事や運動、薬物療法等)につながるような指導と助言。
②訪問看護ステーションにおいて:病院という異空間ではない、生活を営む自宅での健康維持のためのアドバイスを行い、入院にならないよう、健康の自己管理を支援。
③地域包括支援センターにおいて:高齢者やその家族を対象に、介護予防の観点から病気にならないよう、生活習慣病予防のアドバイス(食生活改善、認知症予防、フレイルやサルコペニア予防など)を行う。また、地域住民や企業対象に、認知症サポーター養成講座を開催し、認知症についての理解を深め地域で認知症を支えるような周知活動を行う。また、ケアマネジャー対象に病気予防の視点をもとに、高齢者のケアマネジメントをアドバイスしている。
④ヘルスコーチとして:アメリカの最新の予防医学に基づいた、病院や薬に頼らず、自分の健康は自分で守るをモットーに、未病を目指したセミナーを開催。
【お役に立てそうな相談分野】
企業対象に、コーチングを用いた職員の健康意識増大とモチベーション維持。
身体面、精神面の病気の発症の背景には、食生活や添加物などの化学物質が大きく関わっていることなど、主に栄養の視点からアドバイスができます。体調が改善することにより、脳のパフォーマンスが上がり、モチベーション向上につながることで、仕事の効率化につながります。
集団だけでなく、個別のヘルスコーチができます。

■その他
地域: 北海道札幌市
役割: 糖尿病専門病院での患者指導と教育、訪問看護師として在宅生活を送る子供から高齢者までの健康アドバイスを経験、ケアマネジャーとして年間400名の高齢者、その家族への健康相談や疾病予防の助言。また、アメリカの最新予防医学に基づいたヘルスコーチとしてセミナー開催。地域包括支援センターで地域住民を対象とした健康講話や認知症サポーター養成講座の開催。
規模: 病院では入院患者様、外来患者様対象。訪問看護ステーションにおいては、担当ケース1日4ケースを2年間。ケアマネジャーとして年間約400名のクライアント様を2000年より現在まで担当。

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

高齢者福祉に関わる仕事をしています。
看護師経験から、医療の視点をアセスメントに活かし、ケアマネジャーの支援をしています。
生活習慣病の予防が、介護予防に繋がり、健康寿命を伸ばすと考えています。
自分自身も、元気で生き生きと歳を重ねていきたいと思っています。


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

問い合わせ

取引の流れ


似ているトピック