情報システム開発プロジェクトにおけるプロジェクト管理手法および委託事業者等との調整法等についてお話しできます

  • システムインテグレーター
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

1. 商社向けSCM(Supply chain management)関連システム開発PMおよびアウトソーシングサービス統括
 大手専門商社(売上規模約2兆円)におけるSCMシステム開発プロジェクト数件(3~4億¥規模)の開発を受託し、PMとしてシステム開発を取り纏め、いずれも責務(開発費、納期、品質)を全うする。
合わせて同社より、当該プロジェクトを含めたアウトソーシングサービス(約4億¥/年)を受託し、運用管理設計および運用業務を統括する。
2.商社向け基幹システムプロジェクト開発PM
 大手専門商社(売上規模約7,000億円)の基幹システム開発(15億¥規模)および新会計システム開発(1.6億¥規模)プロジェクトに、それぞれ中途からプロジェクト立て直しPMとして従事。
引き継ぎ時、すでに赤字プロジェクトではあったが、顧客との綿密なネゴシエーションとプロジェクト体制の再構築により、最終約束納期どおり完了させ、プロジェクトを収束させた。
3.公共向け開発プロジェクトPMO
 公共団体(自治体等)からの受託を受けたシステム開発プロジェクト(5千万~10億円規模)10数件について、PMO(Project management office)としてプロジェクト開発手法を指導するとともに、工程ごとの完了レビュに参加し、プロジェクトの問題管理を実施指導した。
合わせて、顧客向けプロダクトの標準開発基準と開発テンプレートを作成し、客観的な進捗管理とプログラム品質の均一化を実現した。
合わせて、見積り審査および受託契約書についての指導を実施した。
以上の経験により、情報システム開発プロジェクトの円滑な推進のための手法をお話しできます。プロジェクト手法ですので、対象の情報システムの業種・業務は問いません。

地域

東京

役割

情報システム開発プロジェクトPMおよびPMO

期間
1998年 〜 2017年頃
関連する職歴
  • 株式会社日立システムズ 主管技師長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社日立システムズ / 主管技師長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大手IT企業で約40年勤務しました。
ITシステム開発プロジェクトに関連して以下のように様々な業務を経験しました。
①自営通信ネットワークの構築プロジェクトPMおよび運営・保守統括
 アウトソーシング受託企業の通信ネットワークや当社EDIサービスおよび各種業界損保VANサービス等の基盤となる自営ネットワーク構築を取りまとめる。合わせて運用管理システムの製品化を実現する。
②通産省関連S技術研究組合出向
  インターネットEDIの実証実験を実施し、現在の電子商取引の基盤について効果を上げる。
③ 商社向けSCM関連システム開発プロジェクトPMおよびアウトソーシングサービス統括
④専門商社向け基幹システム開発プロジェクトPM
⑤中国での事業マーケティングと合弁会社設立
⑥公共向け情報システム開発プロジェクトをPMOとして指導
(③~⑥についてはビジネス経歴を参照してください)

以上の経験を生かした情報システム開発プロジェクト推進のための知見をお話しできます。また、進行中のプロジェクトの課題に対する具体的な指導も可能です。
 












職歴

  • 株式会社日立システムズ /主管技師長

    2012/2 2017/1