飲食業のメニュー開発、販売促進による、利益増加方法についてお話できます

  • 飲食(居酒屋・バー)
  • 経営者

経験内容

具体的な経験の内容

飲食業を開業したいと思い、フリーターとして多くの店で勤務し、料理方法、商品開発方法、計数管理方法などを学ぶ。その後、独立し、居酒屋・惣菜屋などを経営。2006年に中小企業診断士の資格を取得し、現在に至る。
「メニューが飲食店を救う」という本が1万部を超えるヒットとなったおかげで、居酒屋、レストラン向けの書籍にも執筆してきた。また現在は、出身地の岡山市に戻っているが、依頼は東北から九州まであり、関西、東京には定期的に訪問している。

実績や成果

出版物 「メニューが飲食店を救う(2006年 こう書房)1万3千部
講演  「飲食店は、メニューが命」 各地の商工会議所 100回超えの人気セミナー
    「飲食店の経営危機を知り、抜け出す方法」 各地の商工会議所 2018年より展開中
コンサルティング
    ・上場している居酒屋の商品企画、メニューリニューアルのサポート
    ・5億円~10億円規模の飲食店の再生(赤字の脱却)のサポートは、年に3~5社受注

ホームページ

難波三郎com./
(難波三郎でご検索いただくと、弊社案内が出てきます)

お役にたてそうと思うご相談分野

私は、飲食業の赤字脱却、成長のサポート業務が多いです。その際は、
①まず商品と体制(接客など)をチェックして改良
②お客を増やす販売促進を実行
③効果をみながら、調整
という方法で進めます。
上記に関わることであれば、お役に立つと自負しています。

地域

東京都

役割

フリーターとして、30軒以上の店で勤務し、調理方法や経営方法を学び独立。その後、中小企業診断士として活動中。

期間
2006年 〜 現在
関連する職歴
  • 難波三郎中小企業診断士事務所 代表

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

難波三郎中小企業診断士事務所 / 代表

プロフィール詳細を見る


自己紹介

はじめまして、中小企業診断士の難波三郎と申します。「メニューが飲食店を救う」という本を出した関係で、業界向けの雑誌にも記事をたくさん書いています。
私はフリーターとして、たくさんの飲食店で勤務した後、開業。その後、いまの資格を活かして活動しています。
私の業務は、飲食店の赤字脱却、成長のサポートが多いです。その際は、
①まず商品と体制(接客など)をチェックして改良
②お客を増やす販売促進を実行
③効果をみながら、調整
という方法で進めます。
上記に関わることであれば、お役に立つと自負しています。

職歴

  • 難波三郎中小企業診断士事務所 /代表

    2006/4 在職中

  • 有限会社備後屋 /代表取締役

    1999/7 2008/3

  • フリーターとして、上場企業から個人店まで幅広く勤務

    1990/9 1998/6