システム開発Pj 要件定義・設計構築経験

  • IT/システム
  • メディア
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    某金融機関のオンラインバンクシステム新規開発プロジェクトにおいて、主に認証・特権管理機能についてお客様運用担当者と共に要件定義から設計、構築、納品に至るまで対応。

    実績や成果

    PJ全体ではバグや納期について問題が頻発する中、担当した機能部分は開始が遅れたにも関わらず、納期通りに成果物を納品。
    大きなバグやトラブルもなく、不具合検出率も他機能に比べて低かった為お客様より大変喜ばれると共に信頼を得る事が出来た。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    〜課題〜
    1.Pj全体のスケジュールがタイトであった事。
    2.要件定義工程において運用に関する機能群が具体的に検討されていなかかった為、Pj全体が構築工程に入っているにも関わらず、事実上の要件定義やり直しが必要であった事。
    〜対応〜
    1.お客様自身が不透明であったやりたい事、具体的なアカウント運用のイメージをまずは要件として具体化・整理した事。
    2.既に実装が進んでいた各機能への影響確認を行い考慮漏れの可能性を潰しこんだ事。
    3.設計構築を進める上でスケジュールとマイルストーンを明確化すると共に、お客様依頼事項も含めてタスク・課題・リスク管理を行った事。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    技術的には認証基盤、特権管理に関する知見がございますので、システム運用におけるアカウント管理の考え方や方式に関してお役に立てるかと思います。
    また、本経験Pj以外にも多数のPjでPj全体のマネジメントやチームマネジメントを経験しており、マネジメントの手法や効果的なPjマネジメントに関してもアドバイスができるかと思います。

    地域

    東京本社

    役割

    チームリーダ兼機能設計責任者

    規模

    Pj工数規模約250人月

    期間
    2014年 〜 2018年頃