CT/MRI/X線検査、医用画像の取扱いについてお話できます

  • 医療(臨床検査・CRO)
  • 医療専門職

経験内容

・主にCT/MR/一般撮影/血管造影/放射線治療の検査に携わり、特にマルチスライスCTや3テスラMRIなど最新装置を使用した検査を担当した。
・複数メーカーの3Dワークステーションを使用し、画像解析を行っていた。
・日本放射線技術学会総会で発表した。また同年に発表した共著論文が学会最優秀論文賞(瀬木賞)を受賞。
・冠動脈のCurved MPRの有用性についてEuropean Society of Radiology(web)に症例紹介が掲載。
・保健学科の臨床実習を担当し合計約300名の学生に対し、検査方法から理論、実験等のサポートを行った。

地域

日本

役割

診療放射線技師

規模

大学病院(約1000床)

期間
2000年 〜 現在

自己紹介

大学病院で6年間、診療放射線技師としてCT/MRI検査の臨床経験を積んだ後、医用3次元解析ソフトウェアベンチャーで臨床開発から製品化までのプロジェクトを手懸け、約50種類のソフトウェア開発をマネージメントしました。その後独立し、医用画像の解析受託や治験/臨床試験の支援等を行っています。
医用画像の解析(特に、心臓、整形領域、腫瘍抗がん剤効果判定等)DICOM画像、ワークステーションの取扱い、医師や医療スタッフ、製薬会社とのプロジェクト管理の経験が豊富です。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験