組み込み機器の音響開発に関してなんでも質問お請けします。

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    電子楽器開発30年。
    ハード開発、ソフト開発、音源LSIチップなどの開発を経て、ここ10年ほどは、ほぼ音響開発専任となる。
    音響構成方式決定、筐体プロトタイプ作成から、最終調整データ作成(デジタルイコライザデータ)までを一貫して担当してきた。

    実績や成果

    弊社楽器製品ほぼすべての音響開発にかかわる。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    音声の発音と加工に関して、開発経験を活かし、筐体構造、アナログ回路、デジタル信号処理など多様な方法で対処してきた。音響開発トラブル発生時の対処は正確・迅速に出来ると自負する。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    例えば音響のトレンドとして製品小型化の要求があります。これに関してもお話できます。

    関連する論文やブログ等があればURL

    お役にたてそうと思うご相談分野

    音が出る組み込み機器に関してなら何でも、音響相談をお受けできます。

    地域

    東京都羽村市

    役割

    一貫して電子楽器開発に従事して30年

    規模

    従業員12000人

    期間
    1988年 〜 現在
    関連する職歴
    • カシオ計算機株式会社

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    カシオ計算機株式会社

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    カシオ計算機で入社以来32年間を通して、電子楽器の開発に携わってきました。回路設計、LSIチップ設計、組込ソフトプログラミング、デジタル信号処理、音響筐体構造など、開発業務を幅広く経験いたしました。近年は製品の「音響」にまつわることを専門とし、製品のプロトタイプ試作から、製品の最終イコライザ調整までを一貫して担当しました。現在はそうした音響全般にかかわる技術理論と音響調整にかかわるノウハウを後進に伝授しています。ここ10年で発売されたスピーカー付電子楽器のほぼすべての音響開発に係わってきましたが、近年の代表的な製品としては、Grand Hybridシリーズ、Priviaシリーズ、キーボードCT-X5000,3000などがあります。

    職歴

    • カシオ計算機株式会社

      1988/4 在職中