企業会計で利用できる機械設備の公正価値評価(時価評価)についてお話しできます

  • 自動巻線機(機械)
  • 士業

経験内容

具体的な経験の内容

 機械設備の公正価値評価(不動産鑑定と同様のもので機械・設備を評価対象としています)
 企業会計における時価評価(減損・M&A)、裁判資料、税務申告目的の評価を実施しました

関連する論文やブログ等があればURL

 https://frontiervaluation.wixsite.com/valuation/

お役にたてそうと思うご相談分野

 機械設備の公正価値評価

地域

日本国内、中国

役割

鑑定人として公正価値評価

規模

簿価3千万円~50億円程度

期間
2011年 〜 現在
関連する職歴
  • TAP (Tangible Assets Planing) 代表取締役 米国鑑定士協会(ASA)認定資産評価士(機械・設備) 
  • Matsuura Appraisal Valuation

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

TAP (Tangible Assets Planing) / 代表取締役 米国鑑定士協会(ASA)認定資産評価士(機械・設備) 

プロフィール詳細を見る


自己紹介

・米国鑑定士協会(ASA)認定資産評価士(機械・設備) 
・宅地建物取引士
・不動産コンサルティングマスター

2011年から国際評価基準(IVS)に準拠した公正価値評価を手掛ける。
2014年7月ASA資産評価士(機械・設備)の国内養成第1号9名のうちの一人として資格取得。

【評価経歴】
<依頼目的> 時価会計(減損損失判定)、裁判資料 M&Aにおける純資産評価、税務(相続税)評価、公的機関の補助金申請審査業務、リース資産時価評価、食品工場再生に関するコンサルティング

<評価・調査対象資産(主なもの)>
ふとん製造機械、縫製関連機材、ダンボール製造(製段機、製函機)、ゴルフ場施設(ゴルフカート、備品)、グラビア印刷機、オフセット枚葉印刷機、射出成形機、レーザー加工機、食品製造機械、バイオマス発電施設、めっき加工設備、鍛造・焼入設備

<著作・論文>
・「一評価人から見た機械設備評価の現状」 Evaluation no.60/61 創刊60号&都市法研究会300回記念特別号 (プログレス社) ISBN:978-4-905366-55-3
・「「動産一体の評価」で見えてきた論点」 Evaluation no.66 (プログレス社) ISBN:978-4-905366-75-1

職歴

  • TAP (Tangible Assets Planing) /代表取締役 米国鑑定士協会(ASA)認定資産評価士(機械・設備) 

    2016/10 在職中

  • Matsuura Appraisal /Valuation

    1997/4 在職中