製薬会社における医薬品研究開発、ライセンス、ベンチャー投資ならびに大学、国機関(JST、AMED)における案件評価・推進

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 製薬(医療用医薬品)
  • 研究開発

具体的な経験の内容

*抗がん剤研究開発(17年)Harvard大での研究
*医薬品の導入導出(10年)年間数十回の海外渡航・交渉
*研究開発・販売・製造・知財・ライセンス複数部門にまたがるプロジェクト共同運営
*海外新規事業展開の全社横断プロジェクト運営
*米国シリコンバレーにおけるベンチャー投資(5年)
*科学技術振興機構JST、日本医療研究開発機構AMEDの創薬部門での多数申請案件の審査、採択案件の推進
*科研費・外部資金の獲得支援(名古屋大学)、採択プロジェクトの運営支援(名古屋大学・大阪大学) 

実績や成果

*抗がん剤候補の創生(発明者)・臨床開発
*数百億円規模の案件導入、数十億円規模の案件導出、導入案件の上市・販売貢献
*欧米バイオベンチャーへの投資(案件精査・交渉)、投資後企業の評価
*外部資金獲得の申請支援(大学)・審査(JST,AMED)の両面の経験豊富、大学での数億円規模資金獲得多数

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

*複数部門にまたがるプロジェクト運営における利害調整
*導入導出交渉における相手企業と自社事情との利害調整
*海外での事業立ち上げにおける自社利害調整
*大学における産学連携で学内研究者と企業との利害調整

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

*製薬企業としての利害、試験受託企業としての利害
*バイオベンチャー投資における投資判断、出資企業の利害、投資先企業役員会の内部事情の知見
*研究者の資金獲得申請、資金配分機関における審査事情の両面での知識

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

*バイオベンチャーにおける、研究開発、社外試験受託機関の利用、VC投資の受け入れ、案件導出交渉、海外提携・進出、競争的資金の申請・運営などの相談
*ライフ系企業における大学研究機関との共同研究運営などの相談

地域

大阪、名古屋、米国(Boston, Palo Alto)

役割

抗がん剤研究開発、医薬品導入・導出、ベンチャー投資、競争的資金の獲得、プロジェクト運営、プロジェクト審査

期間
1984年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 大阪大学 特任教授
  • 名古屋大学 特任教授
  • 株式会社新日本科学 副本部長
  • 武田薬品工業株式会社 米国Takeda Research Investment 副社長
  • 日本医療研究開発機構 AMED 評価推進委員

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

大阪大学 / 特任教授


17年にわたる医薬品(がん領域)研究、10年におよぶ事業開発(導入導出、米国でのベンチャー投資)を合わせ国内大手製薬企業における経験があります。とくにバイオベンチャーにおける研究開発、導出交渉、海外進出や、試験外部委託、投資受け入れ、競争的資金の申請、採択後の運営などにつき、お力になりたいと思います。大学における産学連携(共同研究)についてもご相談に応じられます。

プロフィール詳細を見る