既存ビジネス依存から脱却し、新たなビジネス開拓を推し進める仕組みと、そのための人材育成の方法をご一緒に考えます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • システムインテグレーター
  • 法人営業

お役に立てそうだと思われる分野

・新規ビジネス開拓(ビジョン策定)
・異業種混合ビジネスのプロデュース
・そのための人材育成(育成体系の策定とその定量評価)

具体的な経験の内容

大手IT企業の営業部門にて通信ビジネス(担当顧客:通信事業者、電力会社)、
コンピュータシステムビジネス(担当顧客;電力会社、通信事業者、メディア
業界、金融業界等)の商談を担当。
【略歴】
直接営業;19年
→マーケティング;1年半
→内部統制(コーポレート);2年半
→営業の人材育成;10年
→フューチャーセンター;2年(子会社に異動。現職)

実績や成果

・ビジネスプロデューサ育成(企業内イノベータの育成)
 2008年〜2016年の間に99名輩出
・フューチャーセンターにて共創ビジネスを推進
 (ワークショップファシリテーション)
 2017年〜2018年で約10件程度

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界と企業特質上、大きな商談を忠実にこなすことが主流であったが、
早い時期から現在のような業種の壁を越えたサービス指向に着目し、
その手法と人材の育成に取り組んできました。
既存ビジネスの慣性は想像以上に重かったですが、信念を持って忍耐
し、この数年は役員のバックアップを取り付け、組織的な取り組みと
して運営してきました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

経験の長い順番で言うと、電力業界・通信業界・金融業界が最も長い
ですが、数年間は製造業・流通業・サービス業・公共機関・官庁自治体・
地域ビジネスも手がけました。

関連する論文やブログ等があればURL

(1) 資質的な強み(「ストレングスファインダー」(注)による診断結果)
・着想の独創性
・指令性(危機的状況下での決断力・統率力)
・自己確信
(注)米国の資質診断テスト。多くの統計から38の資質を特定。持って生まれた
ものとして生涯変わらない資質とされている。
(2)職務経歴、会社経験を通じて得られた強み
・顧客起点発想(営業経験から)
・全社視点/経営視点(内部統制業務から)
・市場視点(マーケティング業務から)
・人事戦略的視点(人材育成業務から)
・2005年には米国ミシガン大学の短期MBAを修了(4週間)

役割

直接営業:20年、コーポレート部門:2.5年、現場部門の人材育成:10年、フューチャーセンター:2年

規模

育成対象:最大で4,000名

期間
2004年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)