行政(主に港湾、企業立地、観光)に対する質問や付き合い方、窓口のご案内など、お話できます

  • 物流(港湾運送)
  • なし

経験内容

具体的な経験の内容

工学部土木工学を学んだ関係で、大阪市役所では、港湾計画に始まり、クルーズ客船、貨物船、工場倉庫の大阪港への誘致・営業を担当し、利用者ニーズをくみ取り、使いやすい港運営を実施。
その後、大阪市全域への企業・工場・研究所の立地促進を担当し、企業様へ御用聞き、行政のワンストップ窓口を担当し、大型倉庫事業者、大手家電メーカーの電池工場、大手製薬会社の研究所などの立地促進に携わり、大阪市での経済活動のメリットを広くPRし、行政マンとして、民間企業とのネットワークの構築してきた。

実績や成果

クルーズ客船の誘致では、先輩の神戸港から、著名な客船を大阪港へシフトしてもらった。これは、背後圏の観光資源(京都、奈良)や関空や高速道路の交通インフラを充実を内外の客船会社にこまめに情報提供し、勝ち取った。
工場誘致では、大手家電メーカーの最速工場立ち上げのお手伝いができた。これも、企業様への行政ワンストップサービスを実施し、行政の各種諸手続きの迅速化・簡略化などを行った。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

相手の立場に立ち、考えをよく聞き、前例にとらわれない、自由な発想に基づき、ややもすると硬直といわれる役所内部の理解を得て、進められた。
関係部局との調整、根回しの必要性を痛感した。特に、上司を味方にし、うまく活用することは、重要であった。

関連する論文やブログ等があればURL

http://cruise-mag.com/blog1/calen2.cgi?mode=main&action=view&YMD=20130410&w=3

お役にたてそうと思うご相談分野

行政(特に港湾、企業立地、観光)との仕事の仕方

地域

大阪市

役割

現場経験、営業サイド

規模

顧客は、大阪市に立地する大手企業、全国の海運会社、海外のクルーズ客船会社

期間
1990年 〜 2015年頃
関連する職歴
  • 株式会社サンスターライン 代表取締役社長
  • 大阪市役所 企業誘致課長
  • 財団法人大阪港埠頭公社 調査役
  • 大阪市役所 課長代理

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社サンスターライン / 代表取締役社長


自己紹介

私は、大阪市役所に技術者として採用され、主に港湾局で企画開発・セールス系の仕事を担当していました。具体的には、港湾計画に始まり、クルーズ客船、貨物船、工場倉庫の大阪港への誘致・営業をしておりました。
その後、計画調整局・政策企画室・経済戦略局では、大阪市全域への企業・工場・研究所の立地促進を担当し、企業様へ御用聞き、行政のワンストップ窓口を担当し、大型倉庫事業者、大手家電メーカーの電池工場、大手製薬会社の研究所などの立地促進に携わっていました。
3年前に、これまでの港湾行政などの経験を生かすため、現職の海運会社に転職、経営を任されております。
とかく、役所との関係・お付き合いは難しい部分がありますが、経験と人脈を武器に、異業種様からのお問い合わせなどにも、対応しております。

職歴

  • 株式会社サンスターライン /代表取締役社長

    2015/2 在職中

  • 大阪市役所 /企業誘致課長

    2007/4 2015/1

  • 財団法人大阪港埠頭公社 /調査役

    2005/4 2007/3

  • 大阪市役所 /課長代理

    1990/4 2005/3