貴社の事業戦略に沿ったシステム構築が可能です

  • 小売(衣料・アパレル)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

 小売事業会社の基幹システム、顧客管理、オムニチャネルの構築

実績や成果

一部上場のアパレル企業、セレクトショップ事業会社、ラグジュアリーブランドのジャパン支社等で、基幹システム、CRM構築、オムニチャネル対応など、多数の経験があり業務効率および売上upなど実績がある。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

自分の範囲領域以外のことについては、専門知識を保有している人に、社内社外問わず腹落ちすつまでヒアリングする。

ホームページ

https://www.corporate-si.com/

お役にたてそうと思うご相談分野

小売事業全般の基幹システム、顧客管理、オムニチャネル戦略など。

地域

東京本社

役割

事業責任者、コンサルタント等

規模

従業員2000名

期間
1993年 〜 現在

自己紹介

大学卒業後、大手銀行のシステム関連会社に勤務し、システムエンジニアとして数多くの社内業務改善プロジェクトに参画し、「システム構築」に関するノウハウを吸収する。その後、目標であった事業会社の「社内SE」になるため、一部上場企業のアパレル会社、ラグジュアリーブランドのジャパン支社、大手セレクトショップ事業会社などの小売関連事業会社で、情報システム部門および経営企画部門、CRM部門でシステム責任者、ITコーディネーターとして、システム企画・導入プロジェクトに従事してきた。

当時の社長から、システムを導入するだけで終わったら、「電気屋の電化製品売りっぱなしと一緒だ」と言われ、あらためて「ITとは社内システム利用者と一緒に成長すべきもの」と気づき、自分の自己満足でシステム導入していたことを痛感した。 

これ以降、社内のシステム利用者である「現場担当者」、「管理職」、「経営層」など各階層が何を課題として、何を求めているかをこれまで以上に考えるようになった。大手アパレル会社での基幹システム導入プロジェクトでは、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)による現状業務から「あるべき姿」の業務をユーザー部門も巻き込み検討し、システム導入を行った結果、各部門の業務効率が3倍になった。これにより、これまで足りなかった「考える時間」をつくりだすことができ、職場のスタッフが生き生きとしていく姿にシステム導入の醍醐味を味わった。

また、実店舗とオンラインストアの「会員統合」、「在庫一元化施策」、「デジタルマーケティング」、「ブランドスマートフォンアプリ」の導入など、オムニチャネル戦略に特化したシステム構築を行った結果、消費者の購入プロセスがスムーズになり「ロイヤルカスタマー」が増え、売上130%Upを実現した。

「オムニチャネル戦略」、「CRM(顧客管理)」、「基幹(販売・在庫管理)システム」、「分析システム」など、数々のIT導入を行ない、CRM部門の運用担当も携わった経験が活きて、技術者寄りの感覚だけではなく、「現場感のあるITコーディネーター」であり、かつ経営層の意向に沿った「事業戦略」にもとづくIT・デジタル構築のコンサルティング活動を行っている。

職歴

開示前(決済前には開示されます)