自動車業界の機能安全ISO26262、Automotive-SPICE、高品質の車載ソフト開発などについてお話しできます

  • 自動車部品(車載機器・電装品)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

具体的な経験の内容

高品質な車載ソフトウェアの開発(手法、実践経験の設計現場への導入定着オフショア事業所の立ち上げ)

実績や成果

従来手法と比較して不具合数の激減。(1/4) 社内での開発品質の見えるかとプロジェクト管理手法の確立。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

不具合の連発とデスマーチ状態からの脱却。車載ソフトウェア開発の見える化と監査機能の改善で乗り切る。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

自動運転を見据えた、制御システムの進化。

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

自動車業界動向から短納期開発における品質の確保、ISO26262に認証手順、Automotive-SPICEの詳細な現場プロセスの構築、導入支援。

地域

豊田市/名古屋市/愛知県

役割

高品質な車載ソフトウェア開発手法(ISO26262、AUTOSAR、MISRA-C)などのマネージャ

規模

7700人

期間
1987年 〜 現在

自己紹介

富士通テン株式会社(現デンソーテン)に25年勤務。車載ソフトウェアの開発に従事。高品質なソフトウェア開発手法に精通。トヨタ自動車 第一電子技術部に4年6カ月出向。自動車業界のものつくりをやってきました。Automotive-SPICEのアセッサー資格を保有。Jaspar機能安全WGに参画。大手SIerシニアマネージャ(部長格)。AUTOSARのBSW、OSのプロセス改善、品質保証業務に従事。

職歴

開示前(決済前には開示されます)