Amazon、楽天のビジネスモデル、オペレーション、組織運営全般について。

  • WEB(EC通販)
  • 事業開発

経験内容

具体的な経験の内容

Amazon Japan事業部長経験 楽天食品飲料戦略部長経験

実績や成果

食品飲料、酒類事業部の立ち上げ

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

組織の立ち上げ
仕入先開拓
利益貢献
売り上げ貢献
広告モデル開発
ブプライベートブランド開発
データマーケティング

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

楽天の経験もあるため、メーカーがEC戦略を立てる際に必要な要件、検討項目、戦略のアドバイスが可能

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

地域

Amazonジャパン

役割

事業部長

規模

消費財分野

期間
2011年 〜 2015年頃
関連する職歴
  • 楽天株式会社 食品飲料事業 戦略部長
  • アマゾンジャパン株式会社 食品飲料事業部長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

Inagora株式会社 / Vice President

プロフィール詳細を見る


自己紹介

防衛大学を卒業後、セブンイレブンジャパンにて、店長としての店舗経営、スーパーバイザー、商品開発など、小売店の業務を一通り経験し、その後、富士通にてシステムベンダーとしてPOSを開発する上での業務設計コンサルティング、事業戦略コンサルティングを主に流通業向けに実施。ロサンゼルスに駐在し大手コンビニチェーンのロサンゼルス進出プロジェクトを全面的に支援した。
日本コカ・コーラ社では、チャネルマーケティング、新規商品ローンチ、フランチャイズマネージメントを経験。その後、アマゾンジャパンに移り、飲料バイヤーからキャリアをスタートさせ、その後食品飲料事業部長として、急激な組織成長と売り上げ成長に貢献し、ECでの経験値を積む。
2015年より楽天に参画し、ジャンル体制への移行期において食品ジャンル戦略立案の実行責任者を務める。
食品飲料業界でのEC戦略をベースに、消費財全般、またメーカー、小売(オンライン オフライン両方)の経験から、バリューチェーン全体を俯瞰した戦略策定についてアドバイス可能です。
また、組織の立ち上げ経験が豊富な為、人材戦略、組織戦略、あるいは、自衛隊での経験から、リーダーシップ育成、リーダーシップ戦略についてもアドバイス可能です。

2017,2月より、越境ECベンチャーのInagoraに参画し、消費財カテゴリーの総責任者として、売り上げを前年比10倍の成長に貢献。
自社自前で、物流、情報コンテンツ、決済全て完了するサービスを構築しており、1年間で食品、日用品メーカーの150社以上を越境ECに参入させた。
主に中国への越境ECであるが、合わせてアメリカ、中東、東南アジアにも拡大中。
2018,1月より、カテゴリー責任者に加え、財務、人事総務、バックオフィス全般も統括する副社長に就任。
日中間の人事制度構築や、オフィス拡張プラン、全社的な人材戦略なども兼任。

職歴

  • Inagora株式会社 /Vice President

    2018/1 在職中

  • Inagora株式会社 /執行役員

    2017/2 2017/12

  • 楽天株式会社 /食品飲料事業 戦略部長

    2015/2 2017/1

  • アマゾンジャパン株式会社 /食品飲料事業部長

    2011/1 2015/2

  • 日本コカ・コーラ株式会社 /マネージャー

    2006/1 2011/1

  • 富士通株式会社 /コンサルティング事業本部

    2001/11 2005/12

  • (株)セブンイレブンジャパン /オペレーション本部

    1998/10 2001/11