ベンチャー企業における株式公開(IPO)関連業務について話せます

  • エネルギー/インフラ
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    株式公開(IPO)に向けて、管理部門(経理財務・総務人事)立ち上げから携わり、証券会社の審査や監査法人の監査を担当いたしました。東京証券取引所の申請書類作成から実際の審査まで対応し、準備期間3年での株式公開を果たしました。
    管理部門の立ち上げや証券会社や東京証券取引所との折衝など、セカンドオピニオンとしてお話しできると思いますので、気軽にお問い合わせください。

    地域

    東京、和歌山

    役割

    株式公開準備責任者として管理部門(経理財務・総務人事等)の立ち上げ、証券会社や監査法人対応等

    規模

    管理部門立ち上げから現在は20名弱(管理部門のみ)のマネジメント

    期間
    2013年 〜 現在
    関連する職歴
    • 農業総合研究所 取締役CFO

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    農業総合研究所 / 取締役副社長

    プロフィール詳細を見る


    概要

    三菱電機やHOYAといった大企業で、予算策定方法や予実管理を経験。その経験を活かし、ベンチャー企業(セルシグナルズ)や再生企業(アプレシオ)で経営企画室の責任者として職務を全うし、結果として、予算策定や予実管理を社内に浸透させた。セルシグナルズは事業売却、アプレシオは民事再生と失敗してしまったため、利益が出て成長している企業を経験するためにJIMOSに入社。そこで利益を出し続ける会社の仕組みを経験し、現在の会社の農業総合研究所で管理体制の構築に役立たせている。その結果として、株式公開(IPO)を実現することができた。
     また、資金調達では、ベンチャーキャピタルから7.5億円、銀行から2億円、事業会社から4億円の調達を成功させた。

    職歴

    • 農業総合研究所 /取締役副社長

      2019/12 在職中

    • 農業総合研究所 /取締役CFO

      2013/8 2019/11

    • JIMOS /総務部長(経理財務と総務を管掌)

      2009/12 2013/7

    • アプレシオ /取締役経営戦略室長

      2008/4 2009/12

    • セルシグナルズ /経営企画室長

      2004/10 2008/3

    • HOYA /管理部

      2003/4 2004/9

    • 三菱電機 /経理部

      1998/4 2003/3