自動車部品(車載機器・電装品)における自動運転システム開発と事業開発についてグローバルに語れます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    クルマのMaaSサービスとしてのクラウドコンピューティング開発、量子コンピューティング活用
    同上の趣旨・目的で、ラスト・ワン・マイル・デリバリー/コールド・チェーンシステム事業開発
    国交省のASVプロジェクト(バス・トラのドライバ異常自動検知緊急停止システム)
    農水省のインド向けJ-Methods Farmingプロジェクト(日本の農産物&技術適合によるインドへの農業輸出)
    AD/ADASシステム、AD/ADASシステム向け高精度地図ロケーションシステム
    Detroit, US赴任し、GM、Ford、Chryslerへ電子部品を拡販
    USのSecurityメーカとJVを起業し、社外役員を経験
    独部品メーカとのJVを起業し、現在も社外役員
    カーナビ向け地図開発のため、海外地図メーカと協業、現在、TomTom社の顧問を兼任
    中国の車載電子部品メーカと協業、現在、光庭インフォ社の顧問を兼任

    地域

    自動運転システム向け高精度地図の技術だけでなく、グローバルに業界の現状・将来を語れます。

    役割

    TomTom社(地図メーカ)と光庭インフォ社の顧問業務を請け負い中

    規模

    TomTom社は5000人、光庭インフォ社は1000人

    期間
    1977年 〜 現在
    関連する職歴
    • デンソー エクゼクティブアドバイザー
    • HEREジャパン社 顧問
    • 光庭インフォ社 顧問
    • TomTom BVD 顧問/Consultant
    • 株式会社デンソー シニア・アドバイザー

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    デンソー / エクゼクティブアドバイザー

    プロフィール詳細を見る


    概要

    1985、世界初のCDデジタルマップカーナビ、トヨタクラウン向け、を開発。
    1991、ソアラ・クラウン向け、経路案内カーナビを開発。
    1997、Lexus-LS/GS向け、全米ナビ地図網羅のHDDカーナビを開発。
    その後、GM-Cadillac、Jaguar-S-Type、MB-S/C-Class向けカーナビを開発、高級車セグメントのカーナビ市場のシェアを獲得、J.D.Powerのカーナビ評価を連続1位を受賞、ナビ地図業界で、Legend of Navi、と称される存在になる。
    ボッシュとデンソーとのJV:Advanced Driver Information Technology社の設立と経営に関与し、歯に衣着せぬ発言で、ボッシュのデナーCEOとクルマのインターネット接続(コネクテッド化)で論争、特に、Googleの自動運転カーの業界へのインパクトについて激論を交わした。
    それ以降、クルマの情報化はカーナビから、自動運転カー(クラウドコネクテッド)へとキーテクがい移ると予言、デンソーにADAS推進室を創るよう上申、発足させた。ドイツに遅れをとった自動運転カー・メイド・イン・ジャパンの挽回に尽力する。特に、国交省のASVプロ:バス・トラドライバ異常時対応システムの開発を通じて、ドライバモニタリングの世界標準化・規制化に目論む。
    その斬新な切り口の論は、聞く人の魂を揺さぶる。自動運転向けの高精度地図のエキスパートであり、ナビ地図から培った地図論は安心・安全の担保に不可欠であり、例えば、TESLAの事故は、中央分離体あり、との地図データがあれば防げる、と語る。
    現在、(株)デンソーコネクテッドシステム事業推進部、エクゼクティブアドバイザー、2017-2018 HERE・ジャパン社の顧問、2018-現在 TomTom BVDの顧問、2017–現在 光庭インフォ社の顧問を兼任。

    職歴

    • デンソー /エクゼクティブアドバイザー

      2020/1 在職中

    • 光庭インフォ社 /顧問

      2016/10 在職中

    • TomTom BVD /顧問/Consultant

      2018/11 在職中

    • 株式会社デンソー /シニア・アドバイザー

      2018/1 在職中

    • デンソー /エクゼクティブ・アドバイザー

      2021/1 在職中

    • HEREジャパン社 /顧問

      2016/10 2019/1