製薬会社における財務戦略についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 製薬(医療用医薬品)
  • 財務

製薬業界は、創薬難易度の上昇、特許切れ、薬価切下げの逆風の中、事業の選択と集中を進めており、パイプライン拡充のため自社開発からM&Aやライセンスなどにより外部成長を模索する動きが強まっています。そうした背景を踏まえ、製薬会社がとるべき財務戦略についてお話できればと思います。



■ どちらでご経験されましたか?
大手製薬会社 コーポレートファイナンス/マネージャー



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2015年1月 〜 継続中



■ その時どのような立場や役割でしたか?
財務担当として、資金計画、為替ヘッジを担当。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
・デットファイナンス/デットIR
・為替リスクマネジメント
・グローバルキャッシュマネジメント

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

大手製薬会社 / コーポレートファイナンス/マネージャー


大学卒業後、新卒で大手鉄道会社に入社し、現場業務を経た後、主に財務・経理分野にて幅広くキャリアを積んできました。具体的には、資金調達、デットIR、連結決算、管理会計の業務を経験してきました。また、金融機関の海外拠点に1年間派遣され、マクロ経済アナリスト、およびクレジットアナリスト業務に従事しました。  現在は大手製薬会社において、日本・APAC地域の資金・為替管理に加え、M&A関連や業務変革など様々なグローバルプロジェクトに参画しています。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る