経産省の公募案件に入札、採択された経験をシェアできます。

謝礼金額の目安 (1時間あたり) 20,000

経験の概要

  • いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2013年

  • どちらでご経験されましたか?

    株式会社ビザスク

経験の詳細・特記事項

創業1年で経産省の平成25年度「多様な人活支援サービス創出事業」の採択を得ました(当時の社名は株式会社walkntalk)
企画書の書き方、プロジェクトで苦労した経験、プロジェクトをやってよかったことなどシェアできると思います。

この知見が必要な方にシェアしてみませんか?

端羽 英子


ビザスクを立ち上げた女性起業家です(14歳の娘がいます)。ビジネスアイディアだけでプログラミングに言語があることも知らなかった3年前から、エンジニアを口説き、経産省から助成金(のような公募案件の採択)を受け、ベンチャーキャピタルから資金調達を得て、知識と経験の流通を変える新しいプラットフォームの立ち上げに日夜奔走しています。 <経歴> 東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門にて企業ファイナンス、日本ロレアルにて化粧品ブランドのヘレナルビンスタインの予算立案・管理を経験し、MIT(マサチューセッツ工科大学)にてMBA(経営学修士)を取得。ユニゾン・キャピタルにてバイアウト投資に5年間携わった後、ビザスクを立ち上げる。米国公認会計士試験合格。グロービス・マネジメント・スクール講師

プロフィール詳細を見る

  • 経験を登録する