スタートアップにおけるカルチャーブックの作り方について話せます

  • WEB(情報サイト)
  • 経営者

経験内容

経営者として社員10名の時に、ビジョンミッションとチームのバリューを定め、カルチャーブックを作成しました。
一年半後の現在、社員数は現在35名になりましたが、チームで振り返る機会の多い、良いものが出来たと自負しています。

期間
2012年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

ビザスク代表(15歳の娘がいます)。
ビジネスアイディアだけでプログラミングに言語があることも知らなかった2012年に、エンジニアを口説き、経産省から助成金(のような公募案件の採択)を受け、ベンチャーキャピタルから資金調達を得て、世界中の知見をつなぎ、知識と経験の流通を変える新しいプラットフォームの立ち上げに日夜奔走しています。
<経歴>
東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門にて企業ファイナンス、日本ロレアルにて化粧品ブランドのヘレナルビンスタインの予算立案・管理を経験し、MIT(マサチューセッツ工科大学)にてMBA(経営学修士)を取得。ユニゾン・キャピタルにてバイアウト投資に5年間携わった後、ビザスクを立ち上げる。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験