雑誌メディア業界の経験における30〜50代の女性のニーズやその伝え方についてお話できます

  • 新規事業/R&D
  • メディア
  • 経験内容

    ・35歳以上の読者モデル120名の組織運営。さまざまなカテゴリーの企業様と商品開発、イベント等、誌面を飛び出した企画をいくつも成功させました。特に商品開発では完売商品を多々出すなどいたしました。
    ・メーカー様の商品PR戦略におけるカテゴリー横断の事例。ひとつの商品群に対し、ムック本の作成、ムービーの作成、キャンペーンwebの作成、フライヤーの作成、特殊な袋に入れての全国書店でのフライヤー配布協力の実現などを総合プロデューサーとして指揮しました。

    どちらでご経験されましたか?

    マガジンハウス Editor

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1995年12月 〜 継続中

    その時どのような立場や役割でしたか?

    10代女性向けから60代女性向けまであらゆる年代の女性向けライフスタイル誌においてデスクとして特集内容の決済という大きなところから現場でのインタビュー、ファッション撮影、原稿など実作業までを経験。

    得意な分野・領域はなんですか?

    30-40代女性のワーク、ライフなどにおけるニーズやウォンツの抽出
    50代女性のライフスタイルにおけるニーズやウォンツの抽出
    写真によるモデルやモノのビジュアル化のディレクション
    web制作のディレクション

    この分野は今後どうなると思いますか?

    雑誌はもう既にそうであるように手にとって読まれることのなくなっていくメディアであると思いますが、雑誌編集者として培ったスキルは「同様の指向性をもったひとびとのコミュニティづくり」でした。それを活かしてのビジネスニーズがあり「編集者」のあらわす事業領域が広がると思います。

    誇りに思う成果はなんでしたか?

    企業のニーズを汲み取った制作物の作成で、企業イメージがアップ。同企業の他部署からも指名で次の制作物の依頼をいただくなどしました。

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    EDIT THE WORLD & CO. / CEO

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    エディター・俳人。

    出版社マガジンハウスにて『Olive』『anan 』『Hanako 』『クロワッサン』等の女性ファッション&ライフスタイル誌の編集者を経たのち、2017年7月退社。その後、あらゆる「伝える」をお手伝いするエディターとしてEDIT THE WORLD & CO.を設立。
    http://www.edittheworld.jp/

    慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。研究テーマは中年期女性のアイデンティティの再構築。

    シャンパーニュ騎士団(Ordre Des Coteaux De Champagne)シュヴァリエ。

    “世界を編集する”をコンセプトに、あらゆることを編集するのが人生のテーマ。

    20年間俳人としての活動を続けており、俳句は『新日本大歳時記』(講談社)等にも収録されている。

    職歴

    • EDIT THE WORLD & CO. /CEO

      2017/8 在職中

    • マガジンハウス /Editor

      1995/12 2017/7