海外市場における新規市場開拓についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • エアコン
  • 人事

シャープ株式会社で37年間、シャープブランドの全ての商品とサービスの海外事業に携わってきた。海外駐在歴は23年に亘る。駐在国はサウジアラビア(5年半)、アメリカ(5年)、メキシコ(5年)、UAE‐Dubai(2年)、インド(5年半)で、新興国を中心に世界60ヶ国を超える訪問経験がある。
①初めての駐在地サウジアラビアではイスラム世界という全く異文化での順応性と寛容の精神を体得した。②アメリカでは世界最先端のB2Cマーケティングを学び、世界最大規模の小売業界との取引を通じ、ベストブランド商品とワーストブランド商品のマーケティングを体験した。③メキシコでは初代の現地法人責任者(支店長)として、地元の企業を買収(営業譲渡)して、シャープ株の現地法人に切り替える、異文化でのマイナスからの新会社の立ち上げを成し遂げた。④UAE(ドバイ)では、中近東とアフリカ全土をカバーし、当時のビジネスポートフォリオ(事業と顧客)を180度転換させるという事業改革を断行して、新規顧客開拓とその後の安定的な成長のための経営基盤を確立した。⑤インドではCOOとして、インド人CEOを補佐する立場で新規事業開拓を遂行する指揮者として現場で顧客開拓に取り組んだ。その後、現地の生産拠点の社長に就任し、新規に家庭用エアコンの生産事業をゼロから立ち上げ、その間の労働組合との融和策を自ら先導し実現した。

どちらでご経験されましたか?

シャープ株式会社 インド事業COO

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2011年1月 〜 2016年9月(インド駐在)

その時どのような立場や役割でしたか?

事業遂行責任者(COO)として現場で指揮を執る立場としてインド人のCEOの補佐役を担った
インドの生産事業会社の社長として、新規工場(エアコン生産)を立ち上げた

得意な分野・領域はなんですか?

海外市場におけるB2C, B2Bのマーケティング、市場開拓
顧客開拓、宣伝・広報、異文化におけるマネジメント
人材開発、人事・労務(インドの労働組合対策)

この分野は今後どうなると思いますか?

少子高齢化が益々深刻化する日本にとって、事業のグローバル化は必須の課題である。特に急成長しているインドは若年層が増大する中で学歴が高まっていくが、同時に就職の機会が乏しいため、深刻な就職難が予想される。日本に必要な若年労働者は学歴のあるインドから調達することができると考える。そのためにも日印の人的な交流を若い世代から広めていく必要がある。

誇りに思う成果はなんでしたか?

どの事業においても最も重要なことは人材開発である。グローバル競争の中で日本が取り残されているのは、日本人のグローバル化が進んでいないことが要因であると考えている。人材のグローバル化は必須の課題である。そのためには若い世代に世界を経験してもらうことが重要と考える。私は世界60ヶ国以上の訪問体験と5ヶ国23年に亘る海外駐在を通して、日本とインドで、グローバル人材育成に貢献できる知見とスキル、ノウハウを開発することができた。これを次世代に伝承していきたいと思っている。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

Ajeenkya DY Patil University / Adjunct Professor(非常勤講師)


海外事業に37年間携わり、世界60ヶ国以上を訪問した経験がある。特にアジア・中近東・アフリカ・中南米の新興国でのビジネス経験があり、異文化間コミュニケーションとマネジメント、新規市場開拓のスキルを醸成することができた。これに基づき、メキシコではローカル企業を買収して現地法人化することや、UAEではビジネスポートフォリオを180度転換することや、インドでは新規にエアコンの製造工場を立ち上げることや、現地会社の労働組合との関係を修復し協調路線を築くなどの経験がある。また、自ら開発した「グローバル人材となるための11ヶ条」や独自の効果的プレゼンも日本とインドの大学や諸機関で高い評価を得ている。海外事業で最も重要となるパートナー選びについても知見があるが、これらスキルや知見を次世代に継承していくことが自分のミッションであると考えている。2018年1月現在、インド・プネ市に拠点を構え、ローカル私立大学での非常勤講師を務める傍ら、日印のビジネス・学術・文化交流を促進する仕事に携わっている。インドの著名大学からゲスト講師として招待されることも多く、その中にはIIT-BOMBAYやIIM-CALCUTTAなどのトップランクの大学も含まれる。

プロフィール詳細を見る