海外【ドイツ・アメリカ・オーストラリア】における飲食店の運営と現地の文化の違い、滞在邦人の傾向についてお話できます

  • 海外ビジネス

経験内容

お見合いパーティーや、ナイトパーティなどのイベントを行い、現地での知名度を上げる。
ドイツ滞在中は知見を広げるために、時間を見つけては電車、レンタカーを利用して近隣国へ訪問することを心掛けた。(結果的に海外営業の仕事を行う際に、現地で単独で苦労なく行動することができるなど、役に立てる)

どちらでご経験されましたか?

飲食店 ゼネラルマネージャー バーテンダー

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2004年10月 〜 2005年11月【米国ロサンゼルス】
2001年10月 ~ 2003年11月【独デュッセルドルフ】
2000年7月 ~ 2001年7月【豪シドニー】

その時どのような立場や役割でしたか?

決裁権限を持ち店舗の運営、企画の立案、実施を行いました。

得意な分野・領域はなんですか?

海外における日本食
日本と海外の文化の違い


自己紹介

*検査機器業界での技術営業として4年間の経験
*分析装置業界でのセールスエンジニアとしての6年間の経験 (4年プレイングマネージャー)
*10年間の海外業務経験(分析装置海外営業5年・バイヤー1年・フォワーダー半年・ドイツにてバーマネージャ2年・アメリカにてレストランマネージャー1年・オーストラリア現地のバーにてバーテンダー経験1年)
*分野の異なる環境下でのトップクラスのセールスパフォーマンスから証明された、営業能力・適応能力・学習力
*卓越した新規開拓能力から証明された、コミュニケーションスキル
*社内・代理店を含めた優れたマネージメントスキル、渉外力、モチベーション維持と影響力
*展示会での集客数から判断できる、自発性と優れた対人スキル (100名/1日)
*競合他社とのコラボレーションによる、相互販売提案の創造性・プレゼンテーション能力
*展示会運営・準備から開催、セミナーに至るまでの全部署を統括するリーダーシップと、チームワーク維持能力
*プレイングマネージャーとして雑多な業務、見積から、装置販売に至るまでの営業過程・据付・取扱業務・購買・売上管理報告・部下の管理・展示会の精査・運営などをこなし、月200時間を超える残業下でのストレス管理能力

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験