ヘルスケア領域における新規事業開発についてお話できます

  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    【経験のある業務】
    ヘルスケア関連事業部の立ち上げ業務全般
    (市場調査、マーケティング、代理店開拓、製品販売から営業技術、品質管理、製品開発、研究開発まで)
    - 事業戦略の企画提案
    - 社外関係先との渉外(実証実験の提案、契約交渉など)、社外技術の評価やデューデリジェンス
    - 医療機器の企画提案(血管内画像診断プログラム)
    - IoT製品のアルゴリズム、ソフトウエアやハードウエア設計開発、品質管理基準の作成
    - 大学との共同研究をディレクション(専門:バイオメカニクスおよびリハビリテーション)
    【主な成果】
    文部科学省センターオブイノベーションに参画し、介護大手事業者との実証実験に成功
    - 2製品上市
    - ベンチャー企業との連携による立ち上げ提案の実行し、技術移管に成功し、新規特許取得 3件
    - 人事労務部門と連携し、ヘルスケアデータを用いた健康経営を推進、後に健康経営銘柄を取得,
    https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200302002/20200302002.html
    - 共同研究の学会発表(国際学会 4件、国内学会 5件)

    どちらでご経験されましたか?

    住友電気工業株式会社

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2014年~2018年の約4年間

    その時どのような立場や役割でしたか?

    - 新規事業部門立ち上げのワーキンググループから参加し、コアメンバーとして事業部門の立ち上げに従事
    - 事業化検討の段階においては、事業開発の戦略検討の主担当だけでなく、技術開発のディレクターとして目利き、大学、他業種、スタートアップとのアライアンスや共同研究を推進しつつ、同時にデータ解析などの実務も担当

    得意な分野・領域はなんですか?

    事業戦略の企画、技術開発の可能性の見極め、データ解析

    地域

    大阪本社

    役割

    プロダクトマネージャー、データサイエンティスト、研究開発ディレクター

    期間
    2014年 〜 2018年頃
    関連する職歴
    • デジタルガレージ プロジェクトリーダー
    • 住友電気工業 主査

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    京都府立医科大学 / 客員講師

    プロフィール詳細を見る


    概要

    【略歴】
    大阪大学生命機能研究科博士課程において、脳科学(神経科学)の最前線で、国際共同研究を主導し、学位取得したのち、ビジネスへ転身しました。

    住友電気工業(株)において、ヘルスケア系事業部門の立ち上げに参画し、
    新規領域への参入戦略の策定、新規事業提案、渉外、M&A、研究開発、製品上市や販売先開拓まで幅広く経験してきました。

    その後、(株)デジタルガレージにて、投資ファンドの組成や調達、投資先海外スタートアップへのデューデリジェンス、医療AI関連領域での事業開発を担当しました。

    新規事業開発の各ステージで様々な障壁を経験しており、チームビルディングや、製品のプロトタイピングの方法から、マクロトレンドを踏まえた経営戦略検討まで、多面的な視点での知見をご提供できます。

    現在、参天製薬(株)にて、中長期戦略の実行部門のマネージャーとして、新規事業開発を主導しています。

    【専門】
    アカデミア:神経科学、ロボティクス、バイオメカニクス
    ビジネス:新規事業開発、プロダクトマネジメント

    職歴

    • 京都府立医科大学 /客員講師

      2019/11 在職中

    • 参天製薬 /マネージャー

      2020/12 在職中

    • デジタルガレージ /プロジェクトリーダー

      2018/10 2020/11

    • 住友電気工業 /主査

      2014/4 2018/9