【2019年アジア労働市場激変】外国労働者採用支援に関して15年のキャリアで総合的アドバイス可能。

  • 経営/管理部門
  • 業務支援
  • 経験内容

    【具体的な経験の内容】
    外国人技能実習生受入れの全ての業務を14年のキャリア保持、現在総合的な外国人採用支援として高度人材、インターンシップ、ワーキングホリデー、特定技能もコンサルタント可能
    【実績や成果】
    延べ5,000名を超える外国人技能実習生管理の実態把握、2018年1社で80名のベトナム実習生同時採用、アジア全域に強力な人脈ネットワークあり、
    【そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか】
    マスコミやインターネットでは取得できない14年の現場キャリアからの実態情報提供可能
    【業界構造の知見の有無】
    2019年〜2025年くらいまでの予見可能
    【お役にたてそうと思うご相談分野】
    外国人労働者受入れに係る全ての疑問にお答えします

    どちらでご経験されましたか?

    一般社団法人全国人材支援連合会
    TOYO協同組合
    全国人材支援事業協同組合
    協同組合SEITO

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2004年より外国人技能実習生の監理団体にて外国人人材採用、管理に15年間携わりました。アジア全域を外遊し、その文化、習慣の違いを肌身に備えました。貴殿の海外事業をあらゆる面からサポートできます。

    その時どのような立場や役割でしたか?

    15年間で管理、事務、組合設立、運営まで全ての分野を経験しました。

    得意な分野・領域はなんですか?

    アジア人材活用のワンストップサポート可能

    地域

    日本、東南アジア全域

    役割

    現場、事務、運営、企画全て

    規模

    団体設立から管理数20,000名まで

    期間
    2004年 〜 現在
    関連する職歴
    • 全国人材支援事業協同組合 東日本本部長
    • 協同組合SEITO 東京事務所長代理
    • 一般社団法人全国人材支援連合会 常務理事
    • TOYO協同組合 顧問

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    一般社団法人全国人材支援連合会 / 常務理事

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    労働を通じてグローバルスタンダードを研究。
    アジアの発展に寄与したい。
    外国人労働者政策の大転換期を我が国は迎えている。
    これは第2の開国に等しいと考えている。

    来年度からは特定技能ビザ、インターンシップ、ワーキングホリデーなどの多肢に渡る外国人財ビジネスが急発展すると思われる。
    また、外国人労働者を取り巻くあらゆる派生ビジネスが大きく成長する1年だろう。

    15年間の外国人技能実習生受入れ経験を外国人労働者ビジネスの健全な発展につなげていきたい。

    真実かつ発展的な情報を提供していく。

    職歴

    • 一般社団法人全国人材支援連合会 /常務理事

      2018/8 在職中

    • TOYO協同組合 /顧問

      2017/9 在職中

    • TOYO協同組合 /専務理事

      2012/1 2017/8

    • 全国人材支援事業協同組合 /東日本本部長

      2007/1 2012/1

    • 協同組合SEITO /東京事務所長代理

      2006/1 2007/1

    • アパグループ /事業開発部

      2000/1 2006/1

    他の経験