就職活動における求人広告や説明と違う就業状況のときの相談(話し相手)についてお話できます

謝礼金額の目安 (1時間あたり) 15,000

経験の概要

  • どちらでご経験されましたか?

    私の経験:
    プロジェクトに途中参加したときに
    うまくいっていない状態が大半
    (入った状態=プロジェクト開始時点のプロジェクトマネージャーが立てた計画が
    予定通りに行かず進行した結果)
    問題点に対応すると失敗した原因が見えてきます。
    私の体験:
    1回は採用した会社の見通しが甘い増員の求人
    2回は採用担当のいい加減な商談の目論見で発生し他求人
    1回は繁忙期にいきなり入って対応できると思っていた求人会社の甘い見通し
    1回は複数の取引先に良い顔しようとしていたが、狭いスペースしか用意できなかった
    ので、取引先同士が争うことになり、人数が多く人気のある方が当然、成果が出たという、求人担当者が取引先と詰めきれていなかった失敗の求人。

  • いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1997年から2014年

  • その時どのような立場や役割でしたか?

    A.正社員オペレーター、
    B.コンサルタントと関係ない会社が契約したコンサルタント(私)、
    C.現場代表者の採用担当が詰めていないのに計画して呼ばれた外部会社のエンジニア、
    D.派遣販売スタッフ

  • 一番誇りに思う成果はなんでしたか?

    A.知識があったので当時のコンピューターで性能的に対応できない原因を理解できた件
    B.求人した会社が委託した大手システム開発会社のどの部分が実力不足で失敗したか
    問題特定と解説できた件
    C.求人した会社の営業が詰めていなかった部分もあったので、会社に対応させた件
    D.求人した会社の商品以外の専門的知識が必要な商品を販売できた件
    店舗の正社員にも質問されるほどなので
    求人した会社にはプラスではなく、店舗の売り上げに貢献

  • この分野は今後どうなると思いますか?

    法改正でようやくハローワークに問題求人が掲載されていても、チェック機能が働いていなかった・不十分であったが、ブラック企業が特定されるようになります。ハローワーク担当者が求人担当者と連絡とれないときに、求人状況確認しない。連絡取れないときの詰めをしていないから、こうなる。

経験の詳細・特記事項

私が現場にいないので「原因の特定」を保証するものではありません。
相談時に経過・情報をまとめていないときは不十分な結果になることがあります。
(思い出してから継続相談をするか決めて下さい。)
私が現場に同行する事はありません。

  • 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

    B.関係者の状況を理解して、話を聞き
    作業外だが求人した知識不足の担当者と担当者が商談したい会社の双方に対して接点をつくれるよう間を取り持った件

  • どんな人にアドバイスを提供したいですか?

    どうするか決めるために、話し相手がいれば
    解決方法を気づいて、解決のきっかけになかかもしれないと考えている方



    1.悩みに答えを出したい方
    2.ご自身で出した答えが現状維持になったとしても
    納得して現状維持にしたい方
    3.労働相談等との違い:会社が求人を出した「理由」については、労働相談等が
    扱う対処方法に直接、影響する事がありません。「原因」がわからないと求人の見分け方を覚えることができず、成功の確率が下がり、就職活動の同じ失敗を繰り返す事になります。

  • 謝礼金額の根拠はなんですか?

    メールかSkype(通話・チャット)対応を用意する予定です。
    Webカメラは不要です。長時間回線を占有するので、電話は対応しない予定です。
    回線障害などで予定日時に相談できない場合は、日程調整をして振り替え対応するか
    キャンセル(返金手数料・振り込み手数料を差し引いて返金します)するか
    ご連絡ください。
    料金が高くなる事と大勢の方に対応したいので、こちらからの訪問はありません。
    接客用の場所がこちらでは用意できませんので、訪問されての対応も原則ありません。
    Skype通話料、メール等通信諸費用はご負担ください。
    キャンセルのときは、返金手数料・振り込み手数料を差し引いて返金いたします。
    お支払いは前払いでお願いします。

関連カテゴリー

キーワード

この知見が必要な方にシェアしてみませんか?

氏名:非公開

職歴:非公開


1996 から IT 業界に身を置き、オペレーター、開発者、設計者などとして働いてきました。 主な職域はMicrosoft テクノロジ関連のフリーランスのコンサルタントです。 フリーランスとなりITアーキテクトとして火のついたプロジェクトを渡り歩いてきました。 IT系の特にオープン系のプロジェクトは、一部の大型(企業)プロジェクトを除き、短期で終了させる事が多いです。 各会社の管理下に入るので、ある程度の各会社の就業体制、社風・社内体制を各プロジェクト毎に経験・比較する事ができます。 大企業とベンチャー企業、自社内開発とシステム開発会社、国内と外資の双方を経験してきました。 派遣業種の大企業とソフトハウス、フリーランスなどの違いを経験しています。 業界構造・各会社の労務管理・ファシリティー等の問題により、ベテラン公務員が間違うようなイレギュラートラブルを経験しています。 ITトラブルとヒューマントラブルを体験してきたことが、特筆的なことです。

プロフィール詳細を見る

  • 経験を登録する