マイクロコンピュータ及び関連半導体デバイスにおける応用技術、製品設計/開発、製品評価、技術教育についてお話できます

  • 電子部品/半導体

経験内容

産業の米と言われたマイクロコンピュータの草創期より38年間、マイクロコンピュータを中心に、関連半導体デバイスを含め、応用技術、製品設計/開発、開発マネジメント、製品評価、技術教育に従事してきました。
(1)マイクロコンピュータの応用技術:顧客技術サポート、拡販基盤整備と商品企画(6年)
(2)マイクロコンピュータ周辺LSIの応用技術:顧客技術サポート、拡販基盤整備と商品企画(6年)
(3)ASICの開発:ASIC(ゲートアレイ、スタンダードセル)の開発マネジメント(4年)
(4)マイクロコンピュータ、ASICのデザインイン活動:顧客技術サポート・受注活動(10年)
(5)SOC(光ディスクコントローラ)の応用技術:顧客技術サポート、基盤整備と応用評価(10年)
(6)マイクロコンピュータおよびデジタル回路の教育:社外向け技術セミナの講師(38年)

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

マイクロコンピュータの草創期(1975年から)より約40年間(2016年迄)

どちらでご経験されましたか?

日本電気株式
NECエレクトロニクス株式会社(分社化による)
ルネサスエレクトロニクス株式会社(会社合併による)

その時どのような立場や役割でしたか?

マイクロコンピュータおよび関連半導体デバイスの設計/開発現場でプレーイングマネジャーとして活動していました。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

顧客であるセットメーカーの開発者と共に、顧客製品の開発、量産の立ち上げに参与できたことです。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

マイクロコンピュータおよび関連半導体デバイスを提供する立場で顧客のセット開発に参与しましたので、相互の立場の違いをよく理解して開発を進めるのに苦心しました。