日本国内、アメリカ、東南アジア、中国、インドにおける新規事業の立ち上げ、市場開拓、新会社の設立、輸出、輸入についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 海外進出

職務経歴書
【1969年3月武蔵工業大學 経営工学科卒業】
1969年4月
新明和工業株式会社 入社 
機械プラント機器製作所 工務課に配属(兵庫県、神戸市)



■ 配属後2年間は、事業部予算【受注、売上、利益】計画、実績フォロー及び予算管理用コンピュータのプログラム作成
■ その後化学プラント装置の材料手配、発注、工程管理、工事別予算管理を行う(石油精製装置、化学繊維プラント、等)、宝塚工場に配属後は、立体駐車場事業の、予算管理、工事予算管理を担当



1977年4月
機械プラント製作所 輸出部(東京)に配属
 当初は、国内空港向けの空港関連設備(搭乗橋、バゲッジコンベアー、格納庫扉】の営業を担当。国内では、沖縄、仙台、秋田、羽田 成田格納庫)の実績



1979年4月
 全社輸出を扱う 国際営業本部 に配属(課長代理)
担当テリトリーは北南米、ヨーロッパ、オセアニア。特例としてインドの空港関連設備も担当。
インドの、ニューデリー、ボンベイ、マドラス、カルカッタ空港、南米ベネズエラに搭乗橋納入。
北米では、フォードグループに自動車関連設備【150台】納入、欧州でポンプ代理店、溶接ロボット代理店、納入。オセアニアではポンプ代理店,車両搭載用クレーン代理店設定。



1986年4月
新明和の米国現地法人”新明和アメリカ“に配属(現地法人社長】
■ “新明和アメリカ”の現地法人設立【シカゴ】、支店としてロスアンジェルス、エル  パソの開設を行う。
■  自動車関連設備【ハーネス生産設備】ではフォード以外に、GM,日系に納入。ロボット関連ではアメリカ大手建設機械メーカ、 日系建設機械メーカーの納入。ポンプ代理店、車両搭載型クレーンの代理店設定も行う。その間M&A業務も行う



1993年4月
国際営業本部帰任(輸出部長)
■ 新明和工業の全商品を世界市場に展開



1997年4月
新明和のアジア現地法人”新明和アジア“に配属【現地法人社長】:シンガポール駐在
■ タイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、フィリピン、インドネシアの拠点としての“新明和アジア”の運営及び、マレーシアの現地法人”新明和マレーシア“の設立、運営を行う



タイ:水中ポンプ代理店の設定。立体駐車場、空港設備の現地企業との販売、製造提携。
   ベトナム:特殊車両関連で現地企業との提携
   ミャンマー:最初の立体駐車場納入。
   フィリピン:ポンプ代理店の設営
   インドネシア:環境設備(ごみの中継基地)納入。ポンプ代理店の設営
   マレーシア:現地法人の設立。特殊車両の現地企業との提携。(高所作業車)。公営住宅ごみ処理施設納入。
   シンガポール:空港搭乗橋納入。公営住宅用ごみ処理施設納入。特殊車両の欧州メーカーと提携拡販。自動車関連設備(ハーネス生産設備)、特殊車両コンポーネントのアジア販売拠点
2000年4月
国際営業本部帰任(国際営業本部副本部長)
■ 新明和工業の全商品を世界市場に展開



2004年4月
新明和の中国現地法人“新明和(上海)”に配属(専門役員、総経理;上海駐在)
■新明和の現地法人“新明和(上海)”設立、その運営を行う
  中国進出の、欧米、日系自動車会社向けの自動車部品【ハーネス】製造機:自動線処理機の
  日本よりに輸入、販売、メンテナンスを実施。
  まずは、日系メーカからの拡販で、日系メーカーの工場内シェアー65%。その後、GM,VWへの
  拡販を行う。
 
2007年2月
■上海郊外に自動線処理機の組立工場建設。(中国)現地生産機の製造販売を中国自動車メーカーも視野に入れ展開。
中国国内のみならず、東南アジア向けにも中国より販売。まずは、タイ向けに日系自動車メーカ向けに輸出販売開始。



2009年3月
■ 中国、重慶の現地企業とJV設立の為“新明和【重慶】”に配属(専門役員、総経理:重慶駐在)
環境機器設備(汚水処理場、汚水ポンプ、ごみ処理機)、空港関連設備(搭乗橋)の
製造販売のため重慶現地企業とJV設立。
重慶市の汚水処理場に納入実績。四川にごみ処理システム【中継基地 BOT】納入。
重慶空港に搭乗橋納入。



2010年3月
新明和工業、定年退職



2011年4月
中国現地法人“太鑫(上海)商貿有限公司”の営業指導、コンサルタントを行う
  日本からオーガニックコットンのベビー衣料を輸入、販売。上海の日系デパート、量販店
  に納入。赤ちゃん用、介護用オムツ(ネピア)の代理販売。。
中国での介護施設向けに日本の介護事業社との連携で、建設、運営コンサルタント及び
介護士育成プログラム参加。              以上



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1977年から2010年魔での32年間、輸出入、新規事業立ち上げ、現地法人設立運営、販売戦略、(経理、人事面含む)1969年から1976年までは工場、事業部で事業計画、予算管理、工程管理を行う。



■ どちらでご経験されましたか?
新明和工業(株)
TAIXIN SHANGHAI TRADING CO.LTD(中国籍商社)



■ その時どのような立場や役割でしたか?
国際営業部副本部長(役員)、海外現地法人では責任者(社長)



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
アメリカ、東南アジア、中国、インドではすべて新市場の開拓、拠点設営



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
まずは、よいパートナとの出会い。丁寧に、「人の縁」作り。



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
新市場を狙う人たち。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
まずは、核となる製品を育てる。「自分の商品、製品」が一番だとおもうな!

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ