トランスミッションにおける設計について話せます

  • 自動車
  • 研究開発

経験内容

トランスミッションの設計をしているので、
ギヤ、クラッチ、ベアリング、アルミケースに関する設計や製造方法やコストについて、お話しきると思います。
また、ハイブリッド車の開発を通して得られた知見についても、お話しできると思います。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1993年から現在も

どちらでご経験されましたか?

本田技術研究所のトランスミッションの設計室課での経験があります。

その時どのような立場や役割でしたか?

部品担当者として作図する立場から、全体のシステム設計まで経験しました。
開発予算や日程の見通し、協力メーカーとの交渉なども行いました。

得意な分野・領域はなんですか?

機械設計
自動車の車両運動
トランスミッションの要素技術全般。

この分野は今後どうなると思いますか?

急速な電動化が叫ばれる中で、
車載用二次電池、パワー半導体、電動機技術の量の確保。
既存の内燃機関の生産量をシュリンクさせつつ、いかに進化させるか。
上記課題を解消する技術開発が必要と感じます。

誇りに思う成果はなんでしたか?

新規トランスミッションの開発に複数関われたこと。
その経験を買われ、ハイブリッド車の開発に関われたこと。

地域

日本

役割

設計

規模

従業員8000人以上

期間
1993年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社本田技術研究所 研究員