素材産業(紙製品)における業界情報、B to B営業のマーケティング、海外営業、海外企業との提携の進め方についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 営業/マーケティング

海外駐在時には米国の販売組織を一から立ち上げ。業界紙から業界(米国)トップ100社をピックアップ、飛び込み営業をしつつ米国での感熱ラベル販売の基礎を構築した。
丸紅在職時は紙パルプ部門の部長として連結対象事業会社10社の管理、海外駐在員の管理、国内海外の営業ならびに新規海外事業の開拓に従事した。
2013年からは洋紙製造世界ナンバー1のUPM(フィンランド)に転職。国内の洋紙、紙製品、フラッフパルプ、木材など森林関連製品の販売に従事。洋紙についてはアジアパシフィックの日系企業も担当している。
専門は印刷洋紙なので、国内の印刷洋紙についての業界情報、B to B営業についてのアドバイス、また、海外企業との提携などについてのアドバイスを提供できると思う。
海外コンサル他社(Guidepoint Global、Coleman)でのスポットコンサル経験豊富。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1985年~1989年(国内 B to B営業)
1989年~1996年(海外営業の立ち上げ、製造業管理:米国)
1996年~2013年(国内営業、海外営業、事業会社管理)
2013年~現在(海外製紙メーカー、日本現地法人代表、国内および在アジアパシフィック日系企業への営業)



■ どちらでご経験されましたか?
1989年~1992年:Kanzaki Label Technologies(米国マサチューセッツ州、神埼製紙(現在の王子製紙)と丸紅の合弁会社)
1993年~1996年:Kobel International(米国バーモント州、丸紅の事業会社)
1996年~2013年:丸紅株式会社紙パルプ部門(2010年~2013年は紙板紙製品部部長)
2013年~現在:UPM Kymmene Japan

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

UPMキュンメネ・ジャパン株式会社 / 代表取締役社長(日本現地法人代表)


プロフィール詳細を見る