炭素材料(人造グラファイト材料、炭素繊維)の製造、応用先、特性評価についてお話できます

  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    大学院から現在に至るまで炭素材料(人造グラファイト材料、炭素繊維)の基礎研究に従事してきました。
    これまでは、特性評価試験技術の開発、特性を支配する因子の解析をやってきました。
    PAN系の炭素繊維を発明した研究グループ の残党です。

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1990年から現在まで30年ほど

    どちらでご経験されましたか?

    大阪工業技術試験所、産業技術総合研究所、海外留学先:シドニー大学、経済産業省に出向経験あり

    関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

    https://staff.aist.go.jp/n-iwashita/
    http://members3.jcom.home.ne.jp/n43998/images/071202nikkei28.PDF

    地域

    つくば

    役割

    研究員

    規模

    3000人

    期間
    1992年 〜 現在
    関連する職歴
    • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 上級主任研究員

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 / 上級主任研究員

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    1992年北海道大学大学院 工学研究科博士後期課程修了
    同年 大阪工業技術試験所(現在、産総研 関西センター)入所
    専門分野:炭素材料、人造グラファイト材料、炭素繊維、電池電極材
    Carbon Material Science、Artificial Graphite Materials、Carbon Fiber, Battery Electrode
    研究開発内容:黒鉛結晶構造解析、高温物性計測、物性計測技術の解析、特性の支配因子の分析

    職歴

    • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 /上級主任研究員

      1992/4 在職中

    • AIST /Senior Researcher

      1992/4 在職中