高等教育機関における就職支援、キャリア支援について話せます

  • 教育
  • 専門職
  • 経験内容

    ・トップ企業アカデミア(旧グローバル企業勉強会)の企画・立案・実施
    これまで数年来行われてきた勉強会にOB・OGの組織的支援を組み込むことで、業務効率化を実現すると共に、学生の満足度を飛躍的に向上させることができた
    ・外国人留学生支援プログラムの全学的展開
    これまでキャリアセンターのみで実施していたプログラムを大学全体の重要業務として位置付け、クロスファンクショナルな組織で行うような仕組みとして支援の充実をはかった
    ・立教大学のキャリア支援広報の実施
    大学と社会(企業、行政、NPO等)の相互理解を深める取組としてRikkyo Career Conference2019を実施し人事担当者400名を動員

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2016年6月 〜 継続中

    どちらでご経験されましたか?

    立教大学 キャリアセンター

    その時どのような立場や役割でしたか?

    現場で実務を行う担当者

    得意な分野・領域はなんですか?

    ・キャリアカウンセリング
    ・外部のリソースを活用した就職支援、キャリア支援プログラムの企画・立案・実施

    この分野は今後どうなると思いますか?

    ・大学の正課科目との連携がより進んでいく
    ・大学全体のカリキュラムの中にキャリア教育が位置付けられていく

    誇りに思う成果はなんでしたか?

    ・トップ企業アカデミア(旧グローバル企業勉強会)の企画・立案・実施により、トップ企業への就職率を向上させた
    ・外国人留学生支援プログラムを全学的な取組みとすることで、大学の長期戦略の一つとして位置付けた
    ・ Rikkyo Career Conference2019を立教大学で初めて実施し人事担当者400名を動員し立教大学のキャリア支援の取組みを社会にアピールした

    地域

    東京

    役割

    現場経験

    規模

    800名

    期間
    2008年 〜 現在
    関連する職歴
    • 立教大学 キャリアセンター

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    立教大学 / キャリアセンター

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    2001年3月関西学院大学経済学部卒業。2001年4月日本生命保険相互会社に入社、研修を経て営業職員数600名が所属する支社に配属となり、支社経営計画立案を担当。
    2003年日本生命、第一生命の企業年金契約の事務受託機関である企業年金ビジネスサービスに出向し、日本生命出向者、第一生命出向者、プロパー職員、パート職員等の様々な利害関係者と調整しながら、新業務の構築と運用、事務職員20名のマネジメントを行った。
    2008年4月学校法人立教学院立教大学に入職、リサーチ・イニシアティブセンターに配属となり、外部資金申請、共同研究契約締結、知的財産管理・活用、行政との包括連携協定締結、科学研究費助成事業の申請・経費執行など外部リソースを活用して研究の多面的支援を実施。
    2016年6月キャリアセンターに異動し、学生とのキャリア面談、外部(就職支援会社、企業、OBOG、内定者)と連携した就職・キャリアプログラムの企画・立案・実施を行っています。

    自分の頭で考え、自分で決めることができる大学生を輩出することをミッションとしています。

    職歴

    • 立教大学 /キャリアセンター

      2016/6 在職中

    • 立教大学 /リサーチ・イニシアティブセンター

      2008/4 2016/6

    • 日本生命保険相互会社

      2001/4 2007/3

    他の経験