デジタルシネマ業界における関連技術詳細とその動向について話せます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • レジャー・娯楽(映画館・劇場)
  • コンサルタント/リサーチ

現在ソニーを退職していますが、フリーランスとしてシネマ業界での技術活動を継続しており、ソニー在籍中、米国赴任中に広げた人脈は今でも大切に活用させてもらっており、今でもハリウッド界隈のデジタルシネマ業界では『唯一の日本人技術者』として広く認知されています。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2005年から現在



■ どちらでご経験されましたか?
ソニー株式会社
Sony Electronics Inc.



■ その時どのような立場や役割でしたか?
ソニー初のデジタルシネマ上映システムを開発リーダーとして完成させた後、デジタルシネマビジネスの主戦場である米国に『唯一の日本人技術者』として赴任し、ありとあらゆる技術課題の窓口となり『ソニーデジタルシネマの技術の顔』として米国でのデジタルシネマビジネスの立ち上げから成熟までを成功に導きました。



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
デジタルシネマ業界後発であったソニーの技術、製品、サポートに関して、映画会社、配給会社、劇場顧客の技術責任者の理解、信頼を勝ち取ることが最大の課題でした。
それは一朝一夕に解決できるものではなく、業界内の技術関係者との交流を広げて最新技術動向を製品改善に取り込み、各種技術課題には真摯に対応する一方で、技術ロビー活動を行い自社製品の技術が有利になるように業界動向を誘導することで、業界に対するコミットメントを示し続けた結果、勝ち取ることができました。
最初の1台から10台、100台、1000台、10000台に至る中で、それぞれのフェーズでは次元の異なる課題に柔軟に解決策を講じる必要がありました。



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
・開発中のソニー初のデジタルシネマ上映システムで、世界初の4Kデジタル上映による『スパイダーマン3』のワールドプレミア(日本東京)を成功させました。==> 最初の1台
・ソニー初のデジタルシネマ上映システムを一挙に導入し、世界初の4Kフルデジタルシネマコンプレックスのオープン(米国シカゴ)を実現しました。==> 最初の10台達成
・1年以上にわたる米国の2大大手劇場顧客への試験導入の結果、技術力、サポート力に対する信頼を勝ち取り、12000台を超える導入契約に結び付きました。==> 10000台達成



■ 地域
神奈川県、米国カリフォルニア州



■ 規模
海外拠点の技術体制構築(10名程度)

期間
2005年 〜 現在
関連する職歴
  • ソニー株式会社 デジタルシネマシステム
  • 個人 デジタルシネマ技術コンサルタント
  • Sony Electronics Inc. Digital Cinema Systems

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

個人 / デジタルシネマ技術コンサルタント


System Architect, Skilled Practitioner, Troubleshooter,... My recent ten years have been devotedly dedicated to starting up Sony digital cinema business, acting roles of product planning, product design, customer support as well as developing technical relationship with industry stakeholders. I have been addressing the full spectrum of issues in digital cinema engineering and technologies effectively communicating with relevant parties and individuals in the industry. After working at Sony for 25 years, I'm now in transition to seek out a new opportunity, hopefully continuing on the digital cinema industry.

プロフィール詳細を見る