アセアン各国における自動車アフターマーケット、中古車流通について話せます

  • 自動車
  • 経営者

経験内容

アセアンプラスコンサルティング代表。アセアンプラスコンサルティングとはアセアン進出を検討している中古車、自動車アフタービジネスの経営者、および海外事業担当者に対して個別案件の提案、提供をしています。香港の会社に就職後、アジアに10年近く駐在し日本に帰国。ベンチャー企業の経営企画を経て、中古車大手のガリバーインターナショナルで海外事業部の立ち上げ、アメリカ事業、インド事業、タイ事業の立ち上げと海外戦略を担当。経済学修士、MBA、京都大学大学院経済学研究科東アジア経済研究センター外部研究員。

得意な分野・領域はなんですか?

【アセアンプラスコンサルティングでの実践事例】
◆ アセアン進出企業へのアドバイザリー契約によるコンサルティング(上場企業数社)
◆ 現地市場調査(タイ中古車・整備市場、タイ部品流通、タイ自動車サイト市場、タイ自動車金融市場、タイオークション市場、ベトナム中古車市場、ベトナム二輪市場、ベトナム自動車サイト市場、スリランカ中古車市場、スリランカ整備市場、マレーシア中古車市場、マレーシアリサイクル部品市場、インドネシア中古車市場、インドネシア整備市場、インドネシアオークション市場、インドネシア部品流通、ミャンマー中古車市場、ミャンマー部品流通、カンボジア中古車市場、カンボジア整備市場)
◆ 現地コーディネイト実績(タイ15回、ミャンマー8回、ベトナム10回、モンゴル1回、スリランカ8回、カンボジア5回、香港1回、インドネシア5回)                          
◆ 企業視察ツアー開催 (タイ3回、インドネシア1回、ミャンマー5回、ベトナム4回)
◆ セミナー・講演(大学、自動車関連企業 、大手商社など)
◆ コラム執筆(日刊自動車新聞社「整備戦略」、レスポンス連載、JTB 、Dijima 、ベストカーなど)

この分野は今後どうなると思いますか?

自動車アフタービジネスとは、新車販売後に発生してくる自動車ビジネスの総称です。大きく、中古車、カー用品、自動車整備、自動車賃貸、自動車補修部品、付帯サービスの6分野で構成されています。中古車に含まれる主なビジネスとしては、新車ディーラー(中古車部門)、中古車ディーラー、中古車輸出事業、カーオークションなどがあります。カー用品市場は、カー用品販売、中古やリビルトのリサイクル部品などです。自動車整備市場は整備業者、自動車賃貸業市場は、レンタカーやカーシェアリングなど、自動車補修部品市場は交換部品などのメーカー、解体業者などがあります。最後に付帯サービスは自動車金融、自動車保険、中古車ウェブサイト(カーメディア)などがあります。一般的に新車市場の拡大の後にアフターマーケットも拡大をします。日本ではアフターマーケットのアセアン進出コンサルはアセアンプラス以外にはありませんが、アセアンの新車市場の拡大とともに、これから質の高い日本のアフタービジネスの必要性がアセアン市場で増してくることになるかと思われます。

誇りに思う成果はなんでしたか?

約8割が日本車シェアのアセアン地域は、自動車の新車市場についても長く注目をされています。日本からも多くの自動車関連企業が進出をしております。また、AEC(アセアン経済共同体)により、ヒト・モノ・カネの自由化が実現し6奥院の巨大市場が誕生いたします。このような市場が誕生するにも関わらず、アセアンにおける中古車・アフター市場は、流通システムが整備されておらず、さらに統計データもないために市場を把握する情報が極端に少ないのが現状です。現地でのネットワークがなく、誰に頼めば良いのかわかならい。現地の商習慣がわからないために最初の一歩を踏み出せないという悩みからアセアン展開を断念している場合が多いと聞きます。アセアンの自動車・アフタービジネスへの参入を実現させていること自体に存在価値を感じています。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

アセアンビジネスには大学卒業後、香港の会社に就職して以来、20年以上の経験。大手中古車会社のガリバーインターナショナルで海外事業部を立ち上げ以来、アセアンの自動車アフターマーケット業界で10年以上の経験がございます。現在は、アセアンプラスコンサルティングを設立し日系自動車アフタービジネス企業のアセアン進出をサポートしています。

どちらでご経験されましたか?

ガリバーインターナショナル 海外事業部

その時どのような立場や役割でしたか?

圧倒的な現地情報と人材ネットワーク、現実的なビジネス展開アドバイス、きめ細かなサービスで海外進出を実現していっております。

地域

タイ・インドの現地法人代表

役割

責任者 (シニアマネージャー)

規模

拠点立ち上げ

期間
2007年 〜 現在
関連する職歴
  • 合同会社アセアンプラスコンサルティング 代表取締役社長
  • ガリバーインターナショナル株式会社 海外事業部

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

合同会社アセアンプラスコンサルティング / 代表取締役社長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

香港の会社に就職後、アジア各国に10年以上駐在し日本へ帰国。大手中古車販売会社ガリバーインターナショナルの海外事業部の立ち上げ、アメリカ事業、インド事業、タイ事業の立ち上げを担当。2015年より「日本とアジアの架け橋代行人」としてアセアンプラスコンサルティングを設立。アセアン諸国に進出をしたい日系自動車企業様の海外進出サポートを行う。アジア各国の市場に精通している。

過去のビザスク様でのご相談として、このようなものがありますが、アフターといっても非常に幅広いです。

(例1)「タイにおける自動車アフターマーケット 特に自動車部品に関する

「タイにおける自動車アフターマーケットについて」
・自動車整備部品の流通チャネル構造(部品メーカー/部品卸/部品商/整備工場)
・タイの自動車アフターマーケットの主要プレーヤー
・現地整備工場/一般消費者が抱えるペイン(不満)
・今後タイの自動車アフターマーケットに起こるであろう業界構造の変化

(例2)「タイランド4.0による自動車アフターマーケットの動きについて」
・中古車の市場価値の把握?(現状は、オークション事業者の情報のみ?)
・地方での中古車の入手?
・量販店のエントリーなど、チャネルが多様化?
・中古部品は、IoTから遠いか?
・リース化率の上昇により、市場が拡大?
・タイにおけるシェアリング市場について

(例3)「インドネシアにおける自動車アフターマーケットについて」
・インドネシアの自動車部品流通とプレーヤー
・アフターマーケットにおける純正品・第二純正品・優良部品の流通量の比
・インドネシアにおけるアフターマーケットのトレンド


(例4)「アセアンにおける自動車オークション市場の動向」
・主要3カ国、タイ、インドネシア、マレーシア)の中古車市場
・タイ、インドネシアのオークション市場の動向

(例5)「自動車部品リビルト業界について」
・アセアンとのリビルト業界の関わりについて、動向
・リビルト市場の今後の機会・脅威
・主要なプレーヤー
・各プレーヤーの強み・弱み
・業界の抱える課題等

(例6)「ベトナムにおける自動車アフター市場について」
・ベトナムの中古車市場について
・ベトナムの整備市場について
・ベトナムの自動車パーツ市場について
・トレンドと今後の方向性について

(例7)「アセアン各国のアフター市場について」
・主要5カ国における比較
・各国の自動車、中古車市場の現状

(例8)「ミャンマーにおける中古車、中古部品市場について」
・ミャンマーの中古車市場について
・ミャンマーにおける中古部品市場について
・ミャンマーにおける整備市場について

(例9)「マレーシアにおける中古車について」
・マレーシアの中古車市場について

日本最大の自動社情報サイトRESPONSE(レスポンス)で「川崎大輔の流通大陸」連載、及び整備業界最大規模の月刊誌「整備戦略」(日刊自動車新聞社)にて「川崎大輔がみるアセアンアフターマーケット」を連載し、アセアンの自動車流通に関して皆様にお伝えしています。

経済学修士、MBA(経営学修士)、京都大学大学院経済研究科東アジア経済研究センター外部研究員。

<直近の講演>
1.京都大学東アジア経済研究センター「第12回アジア中古車流通研究会」
『タイ中古車市場の現状報告 ~2014年の新車販売台数から今後の中古車市場動向を探る~』
2.JTBラピタ『ASEAN自動車市場とタイ中古車アフターマーケット』
3.京都大学東アジア経済研究センター「第16回アジア中古車流通研究会」
『スリランカの自動車市場の魅力とアフターマーケット』
4.一般社団法人 Myanmar Japan SEDA
『ミャンマー自動車市場と中古車整備事業の構想』
5. 第11回 カービジネス経営研究会
『特別講演 アセアン諸国・東南アジア自動車市場の動向を読む』など

職歴

  • 合同会社アセアンプラスコンサルティング /代表取締役社長

    2015/1 在職中

  • 株式会社アセアンカービジネスキャリア /代表取締役社長

    2017/1 在職中

  • ガリバーインターナショナル株式会社 /海外事業部

    2006/2 2014/12

他の経験