氏名:非公開

尚絅学院大学 / 教授

宮城県、東京、東アジア、北米

自己紹介

1958年12月東京都杉並区生まれ。血液型O型。星座は自由を求める射手座。幼稚園から小学校3年生まで福島県、小学校3年生から大学を卒業するまで宮城県で過ごしました。
小学校、中学校とも第一回卒業生。
先輩なるものと付き合ったことがない中学校3年間の経験が、その後、新しい分野への挑戦を愛するわたしの基本的傾向を決定づけました。
大学に入学した最初の夏休み、短期語学留学を目的とする米国へのツアーに参加。ツアーの主催会社がわたしの滞米中に倒産、他の学生たちと共に現地に取り残されるという稀有な体験をしました。語学が出来ないと自分自身すら守れないことを実感、その後、英語を真剣に学び始めました。翌年の春休みに、今度はフィリピンへ一人旅に出掛けましたが、ルソン島南端にあるレガスピという港町で下痢になり、地元のクリニックに入院し、そこでフィリピンの人々と知り合いになるという得難い体験をしました。また、レガスピからマニラまで戻る途中、カマリノス・ノルテ州の州都で農業指導に当たっていた青年協力隊の若者と知り合いになり、初めて国際協力の仕事を実地に見ました。
この2つの体験が、わたしに一生の仕事として国際協力を選ばせたのだと思います。
役所(外務省)、国連(国際連合開発計画)、株式会社イトーヨーカ堂(海外バイヤー)、財団法人日本ユニセフ協会(広報室長)、長崎ウエスレヤン大学国際学科教授、東京工業大学国際連携プランナー&国際的社会起業家養成プログラム特任教授を経て、2010年4月より宮城県の尚絅学院大学教授。博士(学術、早稲田大学)。
現在はICTやAI、ディープラーニング等の最新の科学技術によって大きく変容しつつある産業構造や人間のマインドセットに対応した「サイバー時代の高等教育」プログラムの開発と実践に取り組んでいます。


職歴 / 学歴

  • 2010/4

    尚絅学院大学 /教授

    2010/4 継続中

  • 2006/4

    東京工業大学 /特任教授(2006年4月より2008年3月まで国際連携プランナー、2008年4月より2010年3月まで社会理工学研究科社会工学専攻特任教授(国際的社会起業家養成プログラム所属)(担当:ノンプロフィット国際人権論 および地球社会論)

    2006/4 2010/3

  • 1993/4

    外務省

    1993/4 1995/9

  • 1992/9

    国際連合開発計画 /Project Manager

    1992/9 1994/8

  • 1979/4

    東北大学

    1979/4 1983/3

  • 1997/4

    青山学院大学

    1997/4 1999/3

  • 2002/4

    早稲田大学

    2002/4 2006/10