氏名:(開示前)

職歴:(開示前)

(決済前には開示されます)

Japan


自己紹介

Restorative neurologyの創始者の一人、Milan Dimitrijevic教授から、1993からmesh glove & socks,
CPG, spinal premotor centerの臨床応用について指導を受けて、mesh gloveについては、2008からKakunodate Motor recovery workshop を2017まで開催致しました。同時に、元Duke Univ Stroke Ctrの
Larry Goldstein教授、 Dennis Feney教授、岡山大学 阿部孝二教授、京都大学福山秀直教授とご一門、前橋工科大学 今村一之副学長のご支援を受け、cathecholamine, とりわけ、noradrenaline と運動機能の回復をもう1つのテーマといたしました。また、Milan Dimitrijevic教授一門のみBarry McKay先生のご指導を得ております。1回目から、元日大脳神経外科教授、同医学部長、片山容一先生、南東北病院グループの渡邊一夫理事長には代表世話人としてご支援をいただき、2回目から、日本脳卒中学会理事長、篠原幸人教授、そして、前半5回目からは上肢の、後半は下肢や歩行障害をテーマといたしました。その結果、繊維筋痛症、その他の慢性疼痛症候群、脳卒中後の運動麻痺、歩行障害の改善、脊椎病変のない後弯症の治療、失語症の治療法の発見に至っております。その脊髄刺激の技術的な指導は、日本大学脳神経外科 平山晃康教授にご支援をいただきました。


職歴 / 学歴

職歴:(開示前) (決済前には開示されます)