不動産業における金融機関からの資金調達

アドバイザー

氏名:開示前


取引金融機関がほぼない状況から、都市銀行4行、地方銀行35行、信金信組4行、ノンバンク7社の合計50の金融機関の融資取引を開始。借入残高もピークで250億円。

・取引実績金融機関
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、北海道銀行、青森銀行、みちのく銀行、東北銀行、足利銀行、常陽銀行、群馬銀行、東和銀行、武蔵野銀行、きらぼし銀行、東日本銀行、千葉銀行、京葉銀行、千葉興業銀行、SBJ銀行、三重銀行、第三銀行、十六銀行、北陸銀行、北國銀行、紀陽銀行、関西みらい銀行、池田泉州銀行、近畿産業信用組合、大阪厚生信用金庫、大阪商工信用金庫、南都銀行、百十四銀行、但馬銀行、徳島大正銀行、西京銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、大分銀行、南日本銀行、鹿児島銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行、コザ信用金庫、三井住友トラストL&F、クレディセゾン、新生インベストメント&ファイナンス、オリックス、首都圏リース、日本住宅無尽、全宅連ファイナンス

■その他
役割: プレイングマネージャー

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

地方銀行で約6年間主に法人営業担当として融資業務に従事し、その後13年にわたり金融機関からの資金調達をメインとする財務業務に従事しております。直近では中古不動産事業会社の財務のプレイングマネージャーとして、8年以上にわたって、資金調達を主として財務業務全般に携わってまいりました。


職歴

職歴:開示前

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック